Tag: 法学教室Library

演習会社法 第2版 法学教室ライブラリィ

演習会社法 法学教室ライブラリィ 

著:弥永真生 版:有斐閣 2010.12.22

 

演習会社法 有斐閣の雑誌「法学教室」において好評だった連載が単行本となった。会社法の成立にともない、新条文に書き換えられたほか、新法に対応した章も加わった。定番基本書『リーガルマインド会社法』とのリンクが図られているのも便利。旧条文も併記されるなど、旧法制をひととおり理解している者への配慮もうれしい。

 第2版で3問追加。

事例演習刑事訴訟法 (法学教室ライブラリィ) 古江頼隆

事例演習刑事訴訟法 (法学教室ライブラリィ) 

 

著:古江頼隆 版:有斐閣 2011.2.25

 

title出版社による公式説明等

 

雑誌法学教室の連載を単行本化する法学教室ライブラリーから。法学教室の演習を全面的に書き改めた。書下ろし3本を加え全30問。法の解釈,事実の抽出,要件・規範への当てはめる力が身につく事例演習書。教員と学生による対話型の詳しい解説,学生が誤解しがちな点のQ&Aなどは,自習用教材としても最適。

 

注目!

事例演習民事訴訟法(法学教室ライブラリー) 著:遠藤賢治

事例演習民事訴訟法(法学教室ライブラリー)2008.10  

 

事例演習民事訴訟法『法学教室』の演習が単行本になりました。おなじみ法学教室ライブラリーシリーズです。具体的な事例からの論点抽出とあてはめを強く意識した演習書。長年民事裁判実務に携わってきた著者による解説が、条文-理論-実務を三位一体として理解させるという。

 

 今回の単行本化に際し、基礎事項の解説や発展問題などについて大幅加筆された。とくに、独習者への配慮がされ尽くされていると言って良いほど配慮されている。基礎的事項をいちいち確認し、発展的な課題も積極的に取り上げてあります。長文事例問題とその解説という構成。メジャー論点は漏れなく載っています。問題文の長さは、特別記事でわかるとおもいますが、旧試験以上、新試験以下の「ほどよい長さ」といえます。

 著者の遠藤先生は、最高裁判所調査官、司法研修所教官、法制審議会民法部会・倒産法部会各委員、司法試験考査委員、新司法試験考査委員を歴任。たしか、共同訴訟人独立の原則と主張共通・証拠共通の関係は第1回新司法試験での出題があったところでしたか。該当箇所を含めて、サンプル画像をアップしました。

詳しく見る »

事例から刑法を考える(法学教室Library)

事例から刑法を考える(法学教室Library)

著:島田聡一郎 小林憲太郎 版:有斐閣 2009.4

事例から刑法を考える 雑誌「法学教室」での連載が本になりました。西田典之先生監修の、つい最近まで連載されていた演習です。答案化する等のグループ学習や独習もOK。新司法試験向を意識した解説は評判がよい。

新判例から見た刑法 第2版 (法学教室Library)

新判例から見た刑法 第2版 (法学教室Library)

著:山口厚 版:有斐閣 2008.10

新判例から見た刑法 雑誌「法学教室」の好評連載に、新たな書き下ろしを加えて単行本化。近時相次ぐ最新重要判例の解説と、これを素材にして刑法理論の検証する。

演習刑事訴訟法 (法学教室Library)

演習刑事訴訟法 (法学教室Library)

著:長沼範良 田中開 佐藤隆之 酒巻匡 大沢裕 版:有斐閣 2005.4

 

演習刑事訴訟法 演習刑事訴訟法  『法学教室』紙上に連載された「演習 刑事訴訟法」の単行本化。いわゆる学者系演習書の範疇では好評判。刑事訴訟法の重要問題は、ほぼ網羅。雑誌の連載記事がベースで、しかも共著なので論点がしばしば重複する。しかし、それは重要事項だから角度を変えて勉強しているだけのことでマイナス材料ではない。
 会話形式の演習がたびたび登場するので、おもしろくて飽きない。いまいち理解ができない分野の補充や法科大学院における演習の予習にもよい。

ウォッチング労働法 第3版

ウォッチング労働法 第3版

著:土田道夫 和田肇 豊川義明 版:有斐閣 2009.10

 

 ウォッチング労働法 第3版 法学教室Library。法学教室で大好評を博していた連載が単行本化されました。具体的な設例をもとにして解説が進みます。

 何が問題か、どう解決すればよいか、理論の裏付けはどうかなど、考える道筋が見えてくる本です。事例問題とその解説という構成で、労働法分野のほぼ全体を見渡せます。改訂第2版では、わかりにくかった記述を書き改めた。最新の第3版では、労働契約、新判例、法改正、近時の学会の動向をフォローした。同時期に改訂された最新の百選番号にリファーした。特に、労働契約法には完全対応した。従来、1つの章にまとめられていた労働契約と就業規則がそれぞれ別の章になった。第1章労働契約、第2章就業規則…から始まって全40章、458頁。執筆項目・執筆方針に大きな変化はない(「はしがき」より)ものの、初版(395頁)から比較すると約10%頁数が増えた計算。

独禁法事例の勘所 第2版 (法学教室Library) 白石忠志

独禁法事例の勘所 第2版 (法学教室Library)

著:白石忠志 版:有斐閣 2010.3

独禁法事例の勘所 有斐閣の雑誌「法学教室」に連載されていた演習記事を単行本にしたもの(法学教室ライブラリーシリーズ)。独占禁止法について、事例演習を通じて勘所(本質)を説く。過去の事例が現在の法令に照らしてどのような問題を提起しているかを論じつつ、近年の独禁法・景表法改正の動きについても幅広くコメントする。 
 
第2版で平成21年の法改正・初版刊行以降の最新事例に対応。

詳しく見る »