Tag: 悠々社

判例講義 民事訴訟法 第2版 著:小林秀之

判例講義 民事訴訟法 第2版 

 

著:小林秀之 版: 悠々社 2010.9

 

出版社による公式説明等(第2版)
平成20年(2008年)までの205判例を、1頁から4頁で解説。一貫した体系のもとに、関連項目を単独執筆者がまとめて執筆。判例の学び方と民訴判例の最近の動きを付して、判例の全体的把握に努めた。論点を明確にして、事実の要約には原則的に図を付した。裁判の流れ、判旨を紹介し、判例の法理を客観的に整理。判例を読むで対立点と問題点を鮮明にした。注に基本書の参照頁等を入れ、参考文献で重要な判例評釈を掲げて、発展学習に備えた。

 

悠々社。民事訴訟法の重要判例205。判例1つあたり1~3ページで解説する。百選と違うのは、たくさんの先生があれやこれやとバラバラな立場から解説するのではなく、一定の分野について当該範囲を守備範囲とされる先生が、単独で一貫した立場から解説されていることである。つまり、一つの学問領域毎に一人の先生が評釈を担当するので、見解の相違もなく体系にぶれがない。さらに、全体を通じて一つ教育方針が貫かれており、すべての判例が、論点→事実の要約→図解→裁判の流れ→判旨→判例の法理→判例を読むという形式を揃えている。

 

詳しく見る »

判例講義 憲法 1・2

判例講義 憲法1

判例講義 憲法2

著:佐藤幸治 土井真一 版:悠々社 2010.4

判例講義 憲法判例講義 憲法 悠々社の判例講義シリーズ。判例掲載数は百選並の200強。解説のレイアウトが読みやすく、重複する無駄もなく、相互の矛盾などがないのが良い。

判例講義 会社法

判例講義 会社法

編:倉澤康一郎 版:悠々社 2007.4

判例講義 会社法 会社法重要150判例を、1判例あたり1頁~3頁で気鋭の研究者25名が解説する。悠々社の判例講義シリーズは、教育的配慮から一貫した方針で編集されているので読みやすい。重要判例には3ページを使って詳しく解説するので、ロースクール既習クラスの判例研究に良い。

 

詳しく見る »

VIRTUAL会社法(バーチャル会社法) 第3版

VIRTUAL会社法(バーチャル会社法) 第3版

著:木俣由美 版:悠々社 2008.4
やさしい教科書読み手に優しい「楽しめる」会社法入門書会社法がわかった

バーチャル会社法 最高に面白い(^_^) バーチャル会社法の初版は、インターネットで話題となり司法試験受験生や公認会計士受験生に馬鹿売れした。第2版は新会社法に対応していなかったためなりを潜めることに…。
 新会社法対応を果たした第3版でも、バーチャル感は維持したままで、親切に会社法の世界に導いてくれる。ガンダム(会社)を操縦するアムロ(社長)という架空事例を一貫してブレない軸としているので、最初から最後まで混乱しません。非常に面白い本なので会社法が苦手な人でも最期まで通読でるし、間違いなく記憶に残る。
 なお、登場する会社名や人物名は完全にフィクションだそうです(笑)

詳しく見る »

判例講義 民法1・2

判例講義 民法1 総則・物権

判例講義 民法2 債権

編:奥田昌道 安永正昭 池田真朗 版:悠々社 2005.5

 民法総則54判例、物権法74判例、債権法147判例を気鋭の研究者らが一貫した教育指針のもとに解説する。悠々社の判例集。特に講学上・試験対策上の重要な判例には思い切り3ページを割いて充実した解説が付されている。また関連判例と評釈への誘導が丁寧である。
 重要なポイント。統一した教育方針で編纂されているので、収録された全判例の解説文ひな形が共通している。そうすると、副次的な効果として二回目以降は超高速に回せる。事実関係と、一審から最高裁判決に至る事件の経緯、裁判所の判断の変遷も詳しくかつ明確にしてありわかりやすい。判例理論がとてもよくまとまっています。
 読みやすさはピカイチで、一押し判例集としてとりあげてきました。が、残念ながら改訂がされていません。最新判例の補充が必要になるので、予算が無限に使える人以外は、まず百選で。2009年5月、新しい民法百選(6版)がでました。

判例講義 刑法 総論・各論

判例講義 刑法1 総論

判例講義 刑法2 各論

編:大谷實 版:悠々社 総論:2003.12 各論:2003.12

 悠々社の判例集、判例講義シリーズです。刑法体系に即しつつ判例を位置付け、他の学説も考慮しながらコメントしている。大谷教授とそのお弟子さん達が一貫した立場で評釈をまとめているので、学説の立場が安定している。有斐閣の判例百選とおよそ同数の判例が載っている。同シリーズの他科目とおなじで、レイアウトが見やすく、文章の構成が全編共通しているので読みやすい。

(2008年3月、判例百選が改訂され最新判例が追加されており比較したとき相対的な利用価値は下がっている。)

詳しく見る »