Tag: 弘文堂ケースブック

ケースブック独占禁止法 第2版 編・著:宮井雅明 和久井理子 河谷清文 武田邦宣 中川寛子 金井貴嗣 川濱昇 泉水文雄

ケースブック独占禁止法 第2版 2010.6 

 

ケースブック独占禁止法 ロースクールのいわば国定教科書。コマ数の関係や教授によっては使用しないこともあるようですが、必携といえるでしょう。

 

『●重要判例を多数追加した充実の最新版!

 新司法試験の選択科目でもある「独占禁止法」唯一のケースブック。初版以降に出た重要判例を多数追加し、法科大学院で学ぶべき判例をすべて網羅した決定版。
 「事実」および「判旨」(公取委の判断)の重要な箇所を抜き出し、難易度に分けた設問をつけて、独占禁止法上の諸論点への理解を確認できるよう工夫。さらに、自習用として使用する際、独力で解答が導き出せるよう設問に対するガイドを掲載。
 同時刊行の同編者による『独占禁止法[第3版]』とともに使用することで、相乗的な学習効果が得られる、法科大学院生向け演習書兼判例教材。』

 

ケーズブック労働法 第6版 著:土田道夫 大内伸哉 野川忍 川田琢之 山川隆一

ケーズブック労働法 第6版 2010.4

 

 ケースブック労働法 毎年改訂。

 弘文堂ケースブックシリーズ。体裁は行政法などと同じ。労働法分野の重要判例を載せ、いちいちしつこい問いかけをする。問いに対する解答はついていない。ロースクールのカリキュラムで教員指導の下でつぶすことが想定されている。かなり詳しめの事実と判旨が引用されているので、長文事例問題化している新司法試験向き。問がよくできていて、判例から法律上の問題点を抽出する力を養成できるよう工夫されています。

 教授らのロースクールにおける演習実体験をもとに内容の見直しが行われ、結果として毎年改訂されています。有斐閣からも同名の演習書がでていますが、弘文堂ケースブックを使用するローが多いようです。

ケースブック行政法 第4版

ケースブック行政法 第4版

編:高木光 稲葉馨 版:弘文堂 20010.3

弘文堂 ケースブック 行政法 ロースクール時代における行政法テキストの決定版。行政法が新司法試験科目として復活したことを契機に、本書作成のために、全国30校近い法科大学院行政法担当教官が結集。総力を結集し全員で共用する「標準」テキストを作成した。

 行政事件訴訟法の改正等をふまえ、また1年間のこのテキストを使っての講義経験をもとに改善点を協議し、より内容を充実させた改訂版。20の主要テーマごとに、判例の流れを概説した【判例の概観】、押さえておくべき判例が厳選された【重要判例】、教室での双方向授業を可能にする難易度のついた【設問】、予習・復習の手がかりになる【参考文献】で構成。今後の講義内容、新司法試験の行方をにぎるスタンダードです。
 第3版では、最新判例だけでなく、古い判例でも追加で掲載されたものがある。また、判例の追加に対応して「判例の外観」という各章の冒頭解説が書き改められた。

ケースブック憲法 第3版

ケースブック憲法 第3版

著:長谷部恭男 赤坂正浩 阪口正二郎 中島徹 本秀紀 版:弘文堂 2010.3

 

弘文堂ケースブックシリーズ ケースブック憲法 第2版 分厚い1冊。弘文堂による、法科大学院既習者向け演習用教材の決定版。初版を用いて行われた各法科大学院での教育経験と実践を踏まえ、新しい判例への目配りと設問の手直しが施されました。双方向対話型の講義ができるよう設問を付してあります。
 類書も充実してきているので、演習や講義で指定されるのでなければ自習用としては分厚い本書ではなく、別の本を選ぶのがいいかも。

ケースブック会社法 第3版

ケースブック会社法 第3版

著:丸山秀平 野村修也 大杉謙一 松井秀征 高橋美加 版:弘文堂 2008.3

ケースブック会社法 弘文堂ケースブックシリーズ。この会社法のケースブックには実務的要素がかなり入っている。法科大学院の講義・演習用のテキストで、生の形に近い長さの判例を題材として、それに対する設問が置かれている。設問を追う毎に力をつけてゆくスタイルは旧版のまま。
 今回の第3版では、一流どころの教授陣が実際に授業現場で用いた経験を元にして、設問を入れ替え差し替え修正し、より実務の会社法を意識した内容へと練り直された。典型的な紛争類型はもちろん、実社会での会社法の制度の用いられ方を実感させる。

ケースブック民事訴訟法 第3版 著:長谷部由起子 松下淳一 山本和彦 笠井正俊 山本弘

ケースブック民事訴訟法 第3版 2010.3.30 

 

ケースブック民事訴訟法 有斐閣のものより、まだ取り組みやすいレベルであるので、グループ学習するならこっちで。たくさんの重要判例と答えのついていない問いが並んでいるのは、ほかの弘文堂ケースブックと同じ。
 第3回新司法試験、ドンぴしゃのネタ本でした。超難問だったこともあり話題になりました。もちろん山当て的な勉強をしなさいということではなく、このレベルの抽象度と深さの演習をこなし基本とその応用として展開できるようにしておくべきであるというメッセージを酌み取るべきでしょう。

ケースブック刑法 第2版

ケースブック刑法 第2版

編:前田雅英 笠井治 版:弘文堂 2008.4

ケースブック刑法 刑法分野は学説が鋭く対立する、いわば百人百説状態だ。先生方の「仲が悪いから」というのは冗談であるが、法科大学院用に一冊の演習書をまとめることも難しかったようである。法科大学院が創設され、すでに授業や演習が始まっているのに、刑法のケースブックが存在しない状況が続いていた。
 各ロースクールではオリジナルレジュメ等を用いた演習が行われてきた。そうすると1期生~3期生では教授の力量に比例してロースクール格差が開いてしまったことだろう。ロースクールの課程を既に修了して受験に挑戦する人や、所属ロースクールのオリジナルレジュメがいまいちだと感じる人は、グループ学習や自主ゼミで本書をつかった手当を図りたい。
 弘文堂ケースブック刑法は、法科大学院における刑法の講義・演習で、刑事訴訟法の視座も自然に入り込ませる判例教材である。様々な論点を盛り込んだ設例を各講の冒頭に掲げ、それに続けて基本判例・関連判例の事実・判旨をコンパクトに整理してある。テキスト兼演習書で、総論と各論を合わせてこの1冊だから、消化しやすいと思う。

ケースブック刑事訴訟法 第2版

ケースブック刑事訴訟法 第2版

著:清水真 亀井源太郎 丸橋昌太郎 笠井治 前田雅英 堀田周吾 版:弘文堂 2008.4

ケースブック刑事訴訟法 弘文堂 有斐閣のケースブックよりやや遅れて登場した。分量的に、独習するならこれだ。新司法試験の論文問題に似せた設例事案について、いくつかの設問に答えてゆくスタイル。
 第2版から「問題編」の設問をより段階的にし、「判例編」に最新の重要判例を加えて整理し直された。設問が段階的になったのは、授業や演習だけでなく、独学にも◎。
 ただし、この本…、問題編と判例編を分けており、この点だけは非常に使いにくい。問題編にも判例が載ってて、完全に分離してるわけでもない。内容は良いだけに、非常に残念。

ケースブック知的財産法

ケースブック知的財産法

著:小泉直樹 高林龍 井上由里子 佐藤恵太 駒田泰土 島並良 版:弘文堂 2008.4

弘文堂ケースブックシリーズ 知的財産法 弘文堂ケースブックシリーズ。特許法と著作権法の重要判例を厳選し、判例が定立した規範について、様々な角度から学ぶのに最適な判例教材。新判例も加え、事実関係に即した設問から応用力を養う設問まで、より使いやすくなった「必修」テキスト、新版。

ケースブック 租税法 第2版

ケースブック租税法 第2版

著:金子宏 佐藤英明 増井良啓 渋谷雅弘 版:弘文堂 2007.3

ケースブック租税法 ロースクールの教科書・演習用教材。米国ロースクールのケースブックを参考にして作られた弘文堂のケースブックシリーズの1冊です。重要判例・文献や税制調査会の答申・報告書を素材に、設問形式を含んだ詳しいNote& Questionを付すという工夫が施されている。

法律家を志す人にとって特に重要である基礎理論、所得税、法人税、相続・贈与税の4分野をカバーし、具体的な事実に即して法の適用と判例法の形成について理解させる。判決文や素材のあとに付されている「NOTE」や、評釈・参考文献がかなり充実しているし、精選されもいる。法科大学院生の演習は当然として、実務家や研究者が最新判例とその参照文献を検索する際にも役立ちそうだ。

基礎レベルか発展レベルかを示す★印が、解説と設問の両方についている。これは様々なレベルの読者に配慮がされているといえる。弘文堂のケースブックシリーズの中では登場時点から完成度が高いのがこの租税法ケースブックで、端書きによると、金子先生が20年も前から構想を練り、下準備をされていたという。
第2版では、平成18年度新会社法対応の税法改正、そのほか多くの重要な改正および新判例・新文献を加え、さらに、教育現場の経験や読者の声をふまえて、使いやすさを追求した。