Tag: 弘文堂

プレップ労働法 第3版 森戸英幸 弘文堂 

プレップ労働法 第3版 

著:森戸英幸 版:弘文堂 2011.3

 

プレップ労働法会話で楽しく労働法の基礎を理解していく入門書。

 

第3版。2010年度施行の労働基準法改正、育児介護休業法の改正に対応。

第2版。労働契約法の制定、雇用対策法・パート労働法の改正などに対応。

 

 

 読者の方からレビューを頂いたので以下で紹介させていただきます。
 『会話形式で、電子メールで使う顔文字が本書で出てきたりするなど工夫が凝らされており若い世代の読み手に配慮されている。行政法ほどではないですが、複数の法規に及ぶ労働法規の基本的な内容を解説しています。表現は平易ですが、著者の駄洒落などがだらだら続くことも。最大の特徴は、本文の各所に入っている職場で行われていそうな会話文の中でいまどき若者言葉や顔文字が使われているところです。学者特有の文体が苦手な初心者にとって、導入時の入門書にはおすすめできると思います。』

事例判例 労働法 「企業」視点で読み解く 野田進 弘文堂

事例判例 労働法 「企業」視点で読み解く 

 

著:野田進 版:弘文堂 2011.3

 

title出版社による公式説明等

 

「企業」視点からアプローチ、新しい労働法が見えてくる!会社で日常的に起こりうる相談事例を多数取り上げ、問題の所在を具体的にイメージしながら「労働法」の基礎が学べるユニークなテキスト。重要判例をコンパクトに整理した判例クリップ、発展文献も便利。

 

労働法の世界の著者。常識的には労働者保護の目線で学びますが、この本は企業目線という独特の構成。新司法試験では労働者目線だけで十分ですので、より深く学ぶ人向けということになるでしょうか。もちろん実務では両方の視点が必要ですね。

伊藤真新ステップアップシリーズ 5 刑事訴訟法

伊藤真新ステップアップシリーズ 刑事訴訟法 

 

著:伊藤塾・伊藤真 版:弘文堂 2010.12

 

新ステップアップシリーズ 伊藤真出版社による公式説明等

 法律を自力で学びたいが、何だか抽象的でよくわからない、「基本が大事」なのはわかっているが、何がいったい基本なのだろう。そんな戸惑いや疑問を持っている初学者に、「刑事訴訟法の基本」をコンパクトに解説するテキストです。
 判例を中心に法律学習の最重要ポイントをおさえ、「学ぶべき基本」を伝授します。授業の復習時に最大限の学習効果が生まれ、試験前につぶしておきたい基本的論点を集めた自習書。
 最新の法改正、重要判例を盛り込み、司法試験や法科大学院入試の出題テーマを本書テーマとリンクさせた巻末のテーマ別出題一覧も便利です。

 

論点別ステップアップシリーズの後継シリーズということでしょうか。憲民刑商訴の6科目で続刊予定ですが、行政法は出版予定がありません。捜査から上訴再審までの全35テーマを、丁寧に解説します。

環境法 北村喜宣 弘文堂

環境法 

 

著:北村喜宣 版:弘文堂 2011.3

 

title出版社による公式説明等

 

「環境法」学習のための10のポイントをおさえたテキスト。複雑な実定法をやさしい語り口で解きほぐす。スパイスが効いた「トリビア環境法」「学習ポイント」「基本的用語の確認問題」など、理解をサポートする工夫が満載。

 

 法科大学院生用教科書、新司法試験対策。総論と各論の2部構成となっている。図表などもつかって解説するなど工夫も多い。基礎用語や基本理論の確認問題が巻末にある。

プレップ環境法 第2版 北村喜宣

プレップ環境法 第2版 

著:北村喜宣 版:弘文堂 2011.2.28

 

プレップ環境法 北村喜宣 弘文堂のプレップシリーズ、定評のある入門書です。プレップ環境法は、環境法の全体像を体系的に示すのではなく、「学習のポイント」をわかりやすく伝えることをめざしています。どうやって環境法の勉強をすすめればよいのか?この問いに答えることが本書の最大のテーマ。新司法試験委員が書き下ろした新しいスタイルの入門書です。

試験対策講座 手形法・商法総則・商行為 ・会社法

試験対策講座 手形法・商法総則・商行為 第2版 

試験対策講座 会社法 第2版

著:伊藤塾・伊藤真 版:弘文堂 手:2011.1 会:2009.1

 

試験対策講座試験対策講座 弥永・神田・宮島等の基本書をベースに司法試験に最適化されています。

 最新版の第2版がでました。

担保物権法 第3版 山川一陽 弘文堂

担保物権法 第3版 

 

著:山川一陽 版:弘文堂 2011.1.30

 

title出版社による公式説明等

 

平成15年の民法・民執法改正後の議論・運用を反映した最新版。平成15年の民法・民執法改正後の新たな制度についての議論・運用を反映すると共に新判例も充実の改訂。

知的財産法概説 第4版

知的財産法概説 第4版

編:相澤英孝 西村あさひ法律事務所 版:弘文堂 2010.12

 

知的財産法概説

 学者と実務家(日本を代表する知的財産法の弁護士)の共同執筆による基本書。初学者が理解すべき標準的な知識を体系的かつコンパクトに記述した。基本を押さえながら実務の現状・問題点も理解できると好評。

プレップ租税法 第2版 佐藤英明 弘文堂

プレップ租税法 第2版 

 

著:佐藤英明 版:弘文堂 2010.12
租税法の考え方が身につく良書(初版)入門書として最適(初版)最高の良書(初版)会話形式が苦にならないなら最高(初版)

 

title出版社による公式説明等

 

今、全部わからなくても大丈夫!「租税法」の街を初めて訪れる人に贈るガイドブック。親しみやすい会話体で、身近な租税法のことをもっと知りたくなる、読んで楽しい入門書、アップデート版。

 

 

 

 

詳しく見る »

行政判例ノート 橋本博之

行政法判例ノート 

 

著:橋本博之 版:弘文堂 2011.1.30

 

title出版社による公式説明等

 

行政法の学習に欠かせない重要判例を厳選して明快に解説。急速に変化する行政判例の最新状況を分かりやすく紹介。関連判例への言及により判例の意義・射程が理解できる。

 

注目。共著の基本書もそうですが、至れり尽くせりのまとめ本ですね。

特許法 (法律学講座双書)  著:中山信弘 版:弘文堂

特許法 (法律学講座双書)  

 

著:中山信弘 版:弘文堂  2010.8

 

特許法出版社による公式説明等

「権利者と社会のバランスを重視する」という視点から特許法の現在と未来を論じる。書名も新たに『特許法』とした基本書。

基礎演習 民事訴訟法 著:長谷部由起子 笠井正俊 山本弘 弘文堂

基礎演習 民事訴訟法 

 

著:長谷部由起子 笠井正俊 山本弘 版:弘文堂 2010.4

 

出版社による公式説明等

民訴法の学習上必要な、典型事例30項目を厳選。

民事訴訟法 第6版 著:松本博之 上野泰男

民事訴訟法 第6版 

 

著:松本博之 上野泰男 版:弘文堂 2010.10.15

 

title出版社による公式説明等

「外国等に対する我が国の民事裁判権に関する法律」をはじめ、近年ますますグローバル化する社会で生起する問題等につき言及。最新の重要判例、学説・文献を徹底してフォローした新版。

税法基本講義 著:谷口勢津夫 弘文堂

税法基本講義

著:谷口勢津夫 版:弘文堂 2010.3

税法基本講義 新刊マーク 公式内容説明 難解だとされる税法を条文に沿って基礎から学べる基本書。基礎理論、条文の読解、全体的・体系的把握、ネーミング、論点の深い理解の5点を重視した読み応えのあるテキスト。

詳しく見る »

伊藤塾試験対策問題集 短答 刑法

伊藤塾試験対策問題集 短答 刑法 2010.10  

 

title出版社による公式説明等

 

伊藤塾オリジナル問題から厳選した正答率の高い良問を繰り返し解き、完璧にマスターすれば、知識の穴がなくせる。本試験の問題形式に慣れ、あわせて解答のリズムを作る訓練に最適。

 

未評価

伊藤塾試験対策問題集 短答 民法

伊藤塾試験対策問題集 短答 民法 2010.8  

 

title出版社による公式説明等

短答式試験合格に必須の基本的知識がこの1冊で体系的に修得できるシケタイの実践篇問題集。伊藤塾オリジナル問題から厳選した正答率の高い良問を繰り返し解き、完璧にマスターすれば、知識の穴がなくせる。本試験の問題形式に慣れ、あわせて解答のリズムを作る訓練に最適。

 

評価

過去問制覇の次に

伊藤塾試験対策問題集 短答 憲法

伊藤塾試験対策問題集 短答 憲法 2010.7  

 

title出版社による公式説明等

短答式試験合格に必須の基本的知識がこの1冊で体系的に修得できる。シケタイの実践篇問題集!伊藤塾オリジナ問題から厳選した正答率の高い良問を繰り返し解き、完璧にマスターすれば、知識の穴がなくせる。本試験の問題形式に慣れ、あわせて解答のリズムを作る訓練に最適。

 

評価

余力のある人用、普通はまず過去問からでしょう。

伊藤塾試験対策問題集 論文3 民法

伊藤塾試験対策問題集 論文 民法 2010.7  

 

title新司法試験対応型の論文問題集第三弾。オリジナル問題46問、ケース24問。

解説部分で、訴訟物、請求原因、抗弁、再抗弁に分けた要件事実整理表がついている。

新会社法エッセンス 第3版補正版 著:宮島司

新会社法エッセンス 第3版補正版 2010.7  

 

title第3版補正版。新会社法施行当時、もっとも早い段階で登場した新法を解説する学者が書いた概説書であった。コンパクトにエッセンスだけを解説してあり、薄いので逆に分かり易いと好評だった。

そのような性質上、辞書的な用法には不向きである。

ただし、版を重ねる毎にページ数が増え、普通の基本書のようになってきている。

独占禁止法 第3版 著・編:金井貴嗣・川濵昇・泉水文雄 著:鈴木孝之・武田邦宣・田村次朗・土田和博・宮井雅明・山部俊文・和久井理子

独占禁止法 第3版 2010.6 

 

独占禁止法 2009年改正に対等した第3版。第2版補正版との比較で50頁増。

 

 泉水先生(神戸大)は新司法試験の試験委員です。ロースクールの講義・演習に対応すべく、全国12の主要なロースクールで経済法(または独占禁止法)の講義を行っている教授陣が執筆を担当しています。弘文堂ケースブックを解きつつ参照することがはじめから想定されている本で、事例を中心にして解説するので従来型テキストや一般的な概説書よりも理解しやすいでしょう。   

詳しく見る »

民法総則 第8版(法律学講座双書) 著:四宮和夫 能見善久

民法総則 第8版 (法律学講座双書)  2010.4.28  

 

title  一般法人法の成立および民法典の法人関連規定の改正に完全対応。意思表示、時効等を中心に解説をより充実させた基本書の最新版。

 

 民法総則の最高水準「四宮総則」を、愛弟子の能美先生が手直しし続けられています。図解や初心者向けのかみ砕いた説明などは無縁です。

伊藤真試験対策講座 倒産法 著:伊藤塾/伊藤真監修

伊藤真試験対策講座 倒産法 2010.4  

 

title 一冊で破産法と民事再生法のマスター。第1部は破産法。第2部は民事再生法。第3部は倒産処理手続相互の関係を解説。

 2色刷、横書き、図表で説明、フローチャートなどはシリーズ共通。ただ、主要科目と比べると選択科目の予備校本はデキがわるい。過去問と出題パターンの蓄積がないし、予備校本を作れる人も不足しているからだ。そうはいいつつも、本書は、新試験出題箇所を明示するなど工夫が見られる。知識確認の○×問題や、具体的な答案化のヒントになる参考問題もあり、学者の書いた基本書にはない「試験対策」がある。

新・論点講義シリーズ 民法

新・論点講義シリーズ 民法総則 2008.4

著:後藤巻則 山野目章夫 版:弘文堂 2008.4

新・論点講義シリーズ 担保物権法・民事執行法 2008.6

著:小林秀之 山本浩美 版:弘文堂 2008.6

新・論点講義シリーズ 債権総論 2010.3

著:本田純一 小野秀誠

新・論点講義シリーズ 債権各論 2010.5

著:本田純一

民法総則 [新・論点講義シリーズ4] 担保物権法・民事執行法 (新論点講義シリーズ5) 新論点講義シリーズ 債権総論 新・論点講義シリーズビジュアル系。具体的な事例をもとに考えるケース・スタディ方式で基礎知識の確認と学説判例の整理。最終到達点の模範解答の書き方まで学べます。

 

 担保物権と民事執行法をセットにしたのは◎。民事執行法の要点と実務的な視点も盛り込まれ、担保権が執行される場面の理解ができる。それにによって、担保権を設定する場面の真の理解につながる。豊富な図解、2色刷で、法科大学院生はもちろんのこと、本格的に法律の勉強を始めた学部生も。

刑事訴訟実務の基礎 編:前田雅英 著:青木英憲 丸山哲巳 峰ひろみ 藤井俊郎

刑事訴訟実務の基礎 2010.3 

 

『司法試験合格後の司法研修所での教育が大きな成果を生むように、最低限理解しておいてほしい知識を、最新の刑事裁判の状況をふまえ、理解しやすい形でまとめたテキスト。
 具体的事案を軸に、記録編を合わせ読みながら、15講の講義が連続性のあるものとなるよう、ストーリー性を持たせた構成。刑事裁判官,検察官、弁護士の業務を熟知した法曹三者と学者による執筆陣が、議論を重ねて練り上げた解説。』

ケースブック独占禁止法 第2版 編・著:宮井雅明 和久井理子 河谷清文 武田邦宣 中川寛子 金井貴嗣 川濱昇 泉水文雄

ケースブック独占禁止法 第2版 2010.6 

 

ケースブック独占禁止法 ロースクールのいわば国定教科書。コマ数の関係や教授によっては使用しないこともあるようですが、必携といえるでしょう。

 

『●重要判例を多数追加した充実の最新版!

 新司法試験の選択科目でもある「独占禁止法」唯一のケースブック。初版以降に出た重要判例を多数追加し、法科大学院で学ぶべき判例をすべて網羅した決定版。
 「事実」および「判旨」(公取委の判断)の重要な箇所を抜き出し、難易度に分けた設問をつけて、独占禁止法上の諸論点への理解を確認できるよう工夫。さらに、自習用として使用する際、独力で解答が導き出せるよう設問に対するガイドを掲載。
 同時刊行の同編者による『独占禁止法[第3版]』とともに使用することで、相乗的な学習効果が得られる、法科大学院生向け演習書兼判例教材。』

 

倒産法概説 第2版 著:山本和彦 笠井正俊 沖野眞已 水元宏典 中西正

倒産法概説 第2版 2010.4 

 

 倒産法概説 (単行本) 第二版で約40頁増量。

 実務でも必須、新司法試験選択科目としても労働法に次ぐ人気の倒産法。通説を軸にバランスよく、実務にも目配り。法科大学院生、弁護士等の法律実務家、会社法務に最適。ニュー・スタンダードか。
 倒産法を構成する破産法・民事再生法・会社更生法の解説、民法をはじめとした実体法との関係(倒産実体法)を詳説した。
 具体的手続のイメージもつかめ、破産法も民事再生法もわかる。選択科目として勉強しなかった人も受験後の空白期や夏休み等の時間があるときに読んでおきたい。

労働法学習帳 第2版 著:大内伸哉

労働法学習帳 第2版 2010.4.15

労働法学習帳 労働法で押さえるべき条文と判例法理を完結に解説する。2色刷で、穴埋め問題+答え+解説という構成。暗記「赤シート」対応。社労士試験・学部試験の対策によい。

基礎からわかる民事執行法・民事保全法 第2版 著:和田吉弘

基礎からわかる民事執行法・民事保全法 第2版 2010.4

 

基礎からわかる民事執行法・民事保全法 これで決まり。民事執行法・民事保全法の入門書。図やチャートを用いた解説で非常にわかりやすい。

 民事執行法・民事保全法は、実務等を経験していないと全体像を把握しにくい法律のひとつで、理論というよりも実務的な色彩が強い法律です。新司法試験の範囲でありながらも適切な教材が少なく、学習の手がかりがないと悩んでいた法科大学院生も少なくないでしょう。裁判官経験もあり、予備校等で解説講座を行っていた和田先生が、民事執行法・民事保全法について基礎的な事柄をわかりやすく解説したのが本書です。法科大学院生だけでなく、基礎力を養いたい学部生、司法書士試験受験生の教材としても最適。 

ケーズブック労働法 第6版 著:土田道夫 大内伸哉 野川忍 川田琢之 山川隆一

ケーズブック労働法 第6版 2010.4

 

 ケースブック労働法 毎年改訂。

 弘文堂ケースブックシリーズ。体裁は行政法などと同じ。労働法分野の重要判例を載せ、いちいちしつこい問いかけをする。問いに対する解答はついていない。ロースクールのカリキュラムで教員指導の下でつぶすことが想定されている。かなり詳しめの事実と判旨が引用されているので、長文事例問題化している新司法試験向き。問がよくできていて、判例から法律上の問題点を抽出する力を養成できるよう工夫されています。

 教授らのロースクールにおける演習実体験をもとに内容の見直しが行われ、結果として毎年改訂されています。有斐閣からも同名の演習書がでていますが、弘文堂ケースブックを使用するローが多いようです。

行政法 第2版 著:櫻井敬子 橋本博之

行政法 第2版

著:櫻井敬子 橋本博之 版:弘文堂 2009.7

 人気急上昇。公式の宣伝文句は、「新時代の読者ニーズに応えたスタンダード」である。新時代の読者とは、まさにロースクール経由で新司法試験に挑戦する者であることは言うまでもない。平易な記述でありつつも、レベルは下げない。教科書とはかくあるべきだろう。2色刷。
 基本知識の説明はもちろんのこと、最新の議論と研究成果が取り込まれ、教育的配慮も随所に行き届いた仕上がりになっている。判旨を青字で引用し、判例重視の姿勢でありその上なにより読みやすい。この一冊で総論から救済法までカバーする。薄い本なので記述が浅かったり、判例の引用が薄かったりする面も否定できないが、1冊完結型のメリットが上回る。どの基本書を使うにせよ判例集やケースブックでの補充はするので、「補充が必要」な薄い本だという評価は余り意味がないような気がする。
 第2版は、初版比で約1割のページ数増加(索引まで含めて408頁→440頁)。最新重要判例を追加したほか、最新の研究成果を反映した。さらに法改正が予定されている行政不服審査法及び行政手続法の改正動向にも言及。