新会社法100問 第2版

新会社法100問 第2版

著:葉玉匡美 版: ダイヤモンド社 2006.11
立法担当者による100の答案現時点では貴重な存在会社法の受験参考書として最適まさに力作とても便利葉玉先生ご健在愛情たっぷりの一冊

新会社法100問 著者の葉玉先生は、昔LECで講師をやっておられ、法務省民事局付検事として新会社法の立法に携わるという経歴をおもちです。この本は、会社法立案担当者による過去問の解答例集ということです。
 新会社法が施行される、いよいよ新司法試験も始まる、だけど基本書は出そろっていない。過去問や問題集も当然ない。参照すべき文献さえなかなか見あたらない。そのような焼け野原状態にあった当時の受験界に、「新会社法100問」の初版が電撃的に登場しました。この本は、司法試験過去問・公認会計士試験過去問を題材としているので、弁護士・公認会計士等の実務家にとっても取り組みやすく広く読まれることとなりました。初版の登場以来、著者のブログに質問や要望が寄せられ、それらを反映して改訂第2版となりました。
 100問のうち、基本的かつ重要な制度説明を求める一行問題が新会社法下の基本理念や制度の理解を助けます。事例問題は短いが、解釈上の重要論点を含んだ問題ばかりです。昭和24年から司法試験過去問(第2版では新司法試験も一部含まれる)、昭和56年以降の公認会計士試験過去問の主要なものに、完全解が付されている。答案は冗長かつ説明的で、そのまま論文試験に使えるいわゆる「論証例」の類ではない。また、批判的に捉えられている最高裁判例(近い将来に判例変更を余儀なくされるのではないかといわれているもの等)の立場や立法担当者の立場を自説として論証している部分は注意が必要。今は書籍も充実してきているので、ホットな争点については補充したほうがよい。
 第2版からは1200問の一問一答式の知識確認問題がついている。色のチェンジと択一問題つきという衝撃的改訂よって多くの受験生が買い換えを余儀なくされました、さすが「商」法の世界ですね(^_^;)

詳しく見る »