Archive: 11月, 2010

憲法 著:渋谷秀樹

憲法 2007.12

 

 憲法 (単行本) 大著。762頁。立憲主義に立脚した諸外国の憲法のベースになっている思想を踏まえた上で,論理的・体系的に現行憲法の全体像を詳らかにすることをめざして叙 述されている。現在の社会状況も視野に入れつつ,条文にしっかり根ざした解釈論を網羅的に展開する新しい体系書。

 渋谷秀樹は司法試験委員も歴任。試験委員に任命されるまで辰巳でよく講義をされていた先生である。頂きました情報によりますと、昔、渋谷先生は行政法を他大学で教えていたこともあるようです(ソース、『法学セミナー』での2007年新司法試験を特集している増刊号)。

詳しく見る »

日本国憲法 第3版 松井茂記 有斐閣

日本国憲法 第3版

 

著:松井茂記 版:有斐閣 2007.12

 

title出版社による公式説明等

従来の実体的憲法観の分析・検証を踏まえ,新たな視点=プロセス的憲法観にたって,日本国憲法の新たな読み解きを示す。憲法解釈の在り方及び法的推論の方法を習得し,現代に生起する様々な憲法問題を考える力量養成の必要性を説く著者渾身のメッセージ。

 

 

プロセス憲法観。憲法訴訟の章が冒頭にあり、人権条文の意味よりも先に違憲審査の枠組みを設定する。いわば争いの体系を軸にして、その中に統治のメカニズムと人権条項を位置づける。考えてみると、司法試験の出題の大半は、「ある人の人権が侵害されたときにどのようにして争っていくか」を問うものだから、この本の解説の仕方が司法試験向きだ。憲法は、教科書の抽象論と具体的な紛争当事者の言い分とが結合しにくい。この本は、争いの体系の中に統治システムと人権条項を入れ込んであるので理解が加速するだろう。

詳しく見る »

新司法試験 条文・判例本 刑事訴訟法 辰巳法律研究所

新司法試験 条文・判例本 刑事訴訟法 平成22年版

 

著:辰巳法律研究所 版:辰巳法律研究所 2010.8

 

短答条文判例本 2色刷でコンパクトな受験用逐条解説の定番。逐条式であること、条文と判例を重視したつくりであることが最大の特徴。出題傾向の分析を通じた科目毎の特性に配慮されている。たとえば同じ法的論点でも、事案の違いから結論が異なるような重要判例を掲載し、詳しく事案を掲載している等。
 メリハリづけの更なる工夫。過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついた。

新司法試験短答条文・判例本 行政法 辰巳法律研究所

新司法試験短答条文・判例本 行政法 平成22年版

著:辰巳法律研究所 版:辰巳法律研究所 2010.8

 

新司法試験条文・判例本類書の中で一番。2色刷でコンパクトな受験用逐条解説の定番。逐条式であること、条文と判例を重視したつくりであることが最大の特徴。出題傾向の分析を通じた科目毎の特性に配慮されている。
 メリハリづけの更なる工夫。過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついている。

 

 

 この本のソースは、「行政法」(桜井先生と橋本先生の共著)。予備校本というのはそもそもそういうものだと言われればそうかもしれないが、ちょっとやりすぎでは?と思えるほど。項目立てや文章までごっそり引用されてしまっているところもある。この条文判例本を読んだだけではわかりにくい箇所があり、それについては教科書を読むと難なく理解できる。これは要約に失敗しているだけ。つまり、コンパクトな記述とする目的の下に、削ってはいけない部分を削ってしまっているだけのこと。

 

 判例は、事案をダラダラ載せすぎのきらいがある。それでも、他とくらべると良い本である。教科書と判例集と六法を行き来しつつ自分でコンパクトにまとめられればいいのだが、全科目についてそのような時間をかけられる人は少ない。

新司法試験 条文判例本 刑法 辰巳法律研究所

新司法試験 条文判例本 刑法

 

著:辰巳法律研究所 版:辰巳法律研究所 2010.8

 

条文判例本 刑法 2色刷でコンパクトな受験用逐条解説の定番。逐条式であること、条文と判例を重視したつくりであることが最大の特徴。出題傾向の分析を通じた科目毎の特性に配慮されている。メリハリづけの更なる工夫。過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついた。

新司法試験 条文・判例本 民事訴訟法 辰巳法律研究所

新司法試験 条文・判例本 民事訴訟法 平成22年版

 

著:辰巳法律研究所 版:辰巳法律研究所 2010.8

 

新司法試験 短答条文判例本 2色刷でコンパクトな受験用逐条解説の定番。逐条式であること、条文と判例を重視したつくりであることが最大の特徴。出題傾向の分析を通じた科目毎の特性に配慮されている。
 メリハリづけの更なる工夫。過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついた。

 

 ソースは、司法協会の民事訴訟法講義案と思われる。同書の内容を条文の順に記述を入れ替えたという色が濃い。要約が下手くそで、条文判例本の記述だけでは意味不明であるが講義案を読めば分かるというところが少なからずある。

新司法試験 条文判例本 民法 1・2 2分冊

新司法試験 条文判例本 民法1巻 平成22年版 (シリーズ中の3)

新司法試験 条文判例本 民法2巻 平成22年版 (シリーズ中の4)

 

著:辰巳法律研究所 版:辰巳法律研究所 2010.8

 

新司法試験条文・判例本新司法試験条文・判例本 辰巳法律研究所の新司法試験択一試験対策、択一六法。2年目の今年は、ワンサイズ小さくなり(B6サイズ)、2色刷に変更された。 最新の法改正、重要判例、重要論点を完全フォロー。直前期の択一対策に有用であることはもちろん、論文試験にも利用したい。
 メリハリづけの更なる工夫。過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついた。

 

民法の条文判例本は、要件事に、効果毎に項目だててある。そして、要件毎、効果毎に、論点知識や過去問出題知識が整理されていて良い。ブロックダイアグラムによる要件事実の整理まである。辰巳では、合格水準のあるいは合格間近のロー生受験生が働いているので、ニーズ把握ができており良い本ができる地合が整っている。

条文判例本 商法 辰巳法律研究所

条文判例本 商法 平成22年版

 

著:辰巳法律研究所 版:辰巳法律研究所 2010.8

 

短答条文判例本 2色刷でコンパクトな受験用逐条解説の定番。逐条式であること、条文と判例を重視したつくりであることが最大の特徴。出題傾向の分析を通じた科目毎の特性に配慮されている。
 メリハリづけの更なる工夫。過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついた。

 

 LECの完全整理同様に、会社法では参照条文を読替えるので非常に便利、というか楽。ただし、論文試験でも、単に条文を引いて書きなさいというレベルの出題がある。ので、会社法ではなによりも条文操作、特に縦書きの条文に慣れておいたほうが良いと思われる。

新司法試験 条文判例本 憲法 辰巳法律研究所

新司法試験 条文判例本 憲法 平成22年版

 

著:辰巳法律研究所 2010.7

 

条文判例本 憲法 2色刷でコンパクトな受験用逐条解説の定番。逐条式であること、条文と判例を重視したつくりであることが最大の特徴。出題傾向の分析を通じた科目毎の特性に配慮されている。

 

 (1)憲法の条文番号順に「条文」「趣旨」「(学説を中心とした)解説」「判例」を掲載。(2)新司法試験で重要性が高い判例の学習に役立つように、憲法では特に、「判旨」だけでなく、「事案」と「論点」も掲載。また、判旨のとくに重要な部分を太字に。

 

 メリハリづけの更なる工夫。今回の改訂で、過去に出題したことがすぐにわかる出たマークと、次回の出題が強く予想される出るマークがついた。

上場会社法入門 第2版 著:森田章 有斐閣

上場会社法入門 第2版 

 

著:森田章 版:有斐閣 2010.10

 

title出版社による公式説明等

資金調達としての有価証券の発行、企業内容の継続開示、ガバナンスに関する内部統制の整備、インサイダー取引の懸念の除去、企業買収への対応方法など、上場会社の企業活動に対する法規制の仕組みを明らかにする。
 

 

森田 章
1949年生まれ。同志社高校卒業。神戸大学法学部卒業。1977年、神戸大学大学院法学研究科修了(法学博士)。1978~79年、米国イエール・ロー・スクール客員研究員。1991年から同志社大学教授。弁護士法人三宅法律事務所弁護士。公認会計士試験委員、法制審議会会社法部会臨時委員、司法試験委員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

成川式 マトリックス六法 憲法

成川式 マトリックス六法 憲法 

 

著:成川豊彦 版:PHP研究所 2010.9

 

title

旧司法試験時代からの「なりたん」「なりたく」「成川式択一六法」などの新しいバージョン。

 

 択一試験が3科目から7科目に増え、旧司法試と比べると要求される知識のレベルと広さが変わっている。旧司法試験時代は択一試験が別日程で独立しており、かつ憲法民法刑法の三科目だった。そのような時代の過去問をやり込んだ人にとっては分厚さを感じさせないまとめ本だったが。旧司法試験時代からの蓄積知を廃刊にするには惜しいものの、情報量が多すぎるこの本のニーズがどの程度あるかわからない。

 

 

 

出版社による公式説明等

司法試験のゴッドファーザー、あの「なりたん」「なりたく」が、新司法試験・予備試験への対応を済ませて「決定版」として帰ってきた。
短答式試験の公法系科目の中で、憲法の範囲内の事項を峻別して解説。「成川式」マトリックス(図表)を多数使用した、わかりやすい表現。サンプル問題・プレテスト・新司法試験の過去問を肢レベルまで分析。旧試験に出題された肢のうち、新司法試験に出題されそうなものを抽出。短答式試験にとどまらず、論文式試験に出題される論点を網羅。

成川式 マトリックス六法 民法

成川式 マトリックス六法 民法 

 

著:成川豊彦 版:PHP研究所 2010.9

 

title

情報量膨大。

旧司法試験時代からの「なりたん」「なりたく」「成川式択一六法」などの新しいバージョン。択一過去問に出題された選択肢の知識まで書かれてある。正誤問題の誤りの知識が、「~が~というのは誤り」等と書いてある。過去問で問われた条文知識や判例知識だけではなく、過去問で出題された事例へのあてはめまで網羅的に書いてある。これはつまり、条文の趣旨や基本判例の知識から演繹するトレーニングが想定されておらず、過剰なまとめ本といえるだろう。

 

ズレ。

択一試験が3科目から7科目に増え、旧司法試と比べると要求される知識のレベルと広さが変わっている。旧司法試験時代からの蓄積知を廃刊にするには惜しいものの、情報量が多すぎるこの本のニーズがどの程度あるかわからない。

 

 

 

出版社による公式説明等

民法を逐条式に、条文、趣旨、要件・効果、問題点の順で解説。「成川式」マトリックス(図表)を多数使用した、わかりやすい表現。出題される範囲として、 優先順位の高いものと低いものを峻別。新司法試験と旧司法試験の択一式(短答式)試験の過去問をすべて分析。論点を明確にして、新司法試験・予備試験の論 文式試験にも役立つ内容。

司法試験 完全整理択一六法 刑事訴訟法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 刑事訴訟法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版刑事訴訟法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。重要基本論点のポイント解説や全体構造の把握を盛り込み、全体的に大胆なメリハリを付け、効率的な学習ができるように工夫しています。また2010年度本試験結果を分析して、2011年度の出題範囲を予測するなど、より新司法試験受験者のニーズに沿った内容になっています。 前版より『完全整理択一六法』シリーズにこの刑事訴訟法が加わりました。新司法試験<短答試験>で出題される刑事訴訟法対策の待望の1冊です。

新司法試験過去問・判例情報が一目瞭然。出題可能性のある重要判例を補填!関連条文・関連情報へのアクセスも完璧。刑事訴訟規則も完全収録。

司法試験 完全整理択一六法 刑法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 刑法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版刑法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。最新の学説をもフォローし、論点ポイント解説で論点の正確な理解ができるように整理しています。また2010年度本試験結果を分析して、2011年度の出題範囲を予測するなど、より新司法試験受験者のニーズに沿った内容になっています。 刑法は過去問で出題された事例の記載を特に充実を図りました。

 

わかりやすい項目立て・図表で、短答式試験合格に必要な情報を完全整理。新司法試験過去問・判例情報が一目瞭然。「総論体系編」は体系順で論理的思考を養成、「総論知識編」・「各論編」は逐条形式で知識・論点を完全整理。

司法試験 完全整理択一六法 民事訴訟法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 民事訴訟法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版民事訴訟法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。重要基本論点のポイント解説や全体構造の把握を盛り込み、全体的に大胆なメリハリを付け、効率的な学習ができるように工夫しています。また2010年度本試験結果を分析して、2011年度の出題範囲を予測するなど、より新司法試験受験者のニーズに沿った内容になっています。 前版より『完全整理択一六法』シリーズにこの民事訴訟法が加わりました。新司法試験<短答試験>で出題される民事訴訟法対策の待望の1冊です。

わかりやすい項目立て・図表で、短答式試験合格に必要な情報を完全整理。新司法試験過去問・判例情報が一目瞭然。民事執行法・民事保全法も完全収録。全般的な見直しを行い、より見やすく。

司法試験 完全整理択一六法 商法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 商法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版商法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引 などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。重要基本論点のポイント解説や全体構造の把握を盛り込み、全体的に大胆なメリハ リを付け、効率的な学習ができるように工夫しています。また2010年度本試験結果を分析して、2011年度の出題範囲を予測するなど、より新司法試験受 験者のニーズに沿った内容になっています。

司法試験 完全整理択一六法 民法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 民法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版民法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。重要基本論点のポイント解説や全体構造の把握を盛り込み、全体的に大胆なメリハリを付け、効率的な学習ができるように工夫しています。また2010年度本試験結果を分析して、2011年度の出題範囲を予測するなど、より新司法試験受験者のニーズに沿った内容になっています。 司法試験のみならず他資格受験生にも、わかりにくい民法を攻略する第1歩としておすすめします。

わかりやすい項目立て・図表で、短答式試験合格に必要な情報を完全整理。新司法試験過去問・判例情報が一目瞭然。巻末に借地借家法を収録。百選(民法・家族法)・一般法人法に完全対応。

司法試験 完全整理択一六法 行政法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 行政法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版行政法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。重要基本論点のポイント解説や全体構造の把握を盛り込み、全体的に大胆なメリハリを付け、効率的な学習ができるように工夫しています。また2010年度本試験結果を分析して、2011年度の出題範囲を予測するなど、より新司法試験受験者のニーズに沿った内容になっています。

 

前版より『完全整理択一六法』シリーズにこの行政法が加わりました。新司法試験<短答試験>で出題される行政法対策の待望の1冊です。

司法試験 完全整理択一六法 憲法 2011年版 LEC

司法試験 完全整理択一六法 憲法 2011年版 

 

著:LEC東京リーガルマインド 2010.9

 

title出版社による公式説明等

徹底した判例と条文の理解・記憶のために!逐条型受験用六法「完択」シリーズ。2011年版憲法です! 平成22年上半期までの重要判例の掲載と法改正を反映。受験用六法の用途のほかに、短答式試験で必要な条文・判例・過去問といった情報を、図表・判例索引などを用い、みやすく整理することで、効率的な受験勉強を可能としました。重要判例の詳細な紹介と、論点ポイント解説をほどこし、抽象的な憲法条文の理解を助けるように工夫しています。そして『判例百選』掲載判例の表示を入れ、読者の利便性の向上も図りました。


 わかりやすい項目立て・図表で、短答式試験合格に必要な情報を完全整理。巻末に明治憲法・国会法(抄)・内閣法(抄)・裁判所法(抄)を収録。関連情報への完璧なアクセスを追及し、クロスレファレンスを徹底。

新司法試験体系別短答式過去問集4 刑事系 刑法・刑事訴訟法 2011年版 Wセミナー

新司法試験体系別短答式過去問集4 刑事系 刑法・刑事訴訟法 2011年版 

 

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2010.10

 

title出版社による公式説明等

サンプル問題・プレテスト・平成18~22年の本試験問題を体系別に収録。

 

全過去問を体系順に並び替えてあります。

(全過去問を年度別に編集したものもWセミナーからでています)

新司法試験体系別短答式過去問集3 民事系2 商法・民事訴訟法 2011年版 Wセミナー

新司法試験体系別短答式過去問集3 民事系2 商法・民事訴訟法 2011年版 

 

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2010.10

 

title出版社による公式説明等

サンプル問題・プレテスト・平成18~22年の本試験問題を体系別に収録。

 

全過去問を体系順に並べ替えてあります

(全過去問を年度別に編集したものもWセミナーからでています)

新司法試験体系別短答式過去問集2 民事系1 民法 2011年版 Wセミナー

新司法試験体系別短答式過去問集2 民事系1 民法 2011年版 

 

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2010.10

 

title出版社による公式説明等

サンプル問題・プレテスト・平成18~22年の本試験問題を体系別に収録。

 

全過去問を体系順に並べ替えてあります

(全過去問を年度別に編集したものもWセミナーからでています)

新司法試験体系別短答式過去問集1 公法系 憲法・行政法 Wセミナー

新司法試験体系別短答式過去問集1 公法系 (憲法・行政法) 

 

 版:早稲田経営出版 2010.10

 

title出版社による公式説明等

サンプル問題・プレテスト・平成18~22年の本試験問題を体系別に収録。

 

全過去問を体系順に並べ替えてあります

(全過去問を年度別に編集したものもWセミナーからでています)

司法試験短答六法3 民事系・民法 2011年版 Wセミナー

司法試験短答六法3 民事系・民法 2011年版 

 

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2010.9

 

title出版社による公式説明等

百選・重判から平成22年の最新判例まで完全フォロー。新旧司法試験の過去問情報を掲載。要件事実についても徹底解説。

チラ裏メモ

1.全ページ共通の右側サイドバー「出版社×シリーズ」を拡充。

2.古い記事もレビューを書き換えたりするとWhat'sNewで告知される。

事例研究 刑事法Ⅱ 刑事訴訟法 著:井田良 田口守一 植村立郎 河村博

事例研究 刑事法Ⅱ 刑事訴訟法 

 

著:井田良 田口守一 植村立郎 河村博 版:日本評論社 2010.9

 

title 充実。2分冊。第1巻が刑法編で、1ページから380ページぐらいまで。第2巻の刑訴編(本書)が、380ページぐらいから始まる。2分冊とはいえ、1ページから始まらない本は余り見たことがない。両方買えというメッセージか(ー公ー;)

 

 出題可能性の高い(=講学上、実務上重要な)要点は網羅されている。事例を前提にして解説していくスタイルだが、シリーズの他の 科目とは違い答案はない。また、ロースクールの演習や期末試験の問題を集めてきて解説するものではない。解説したいことがまず先にあって、それを書くため に事例を工夫して作られている印象。

 

 

 

詳しく見る »

事例研究 刑事法Ⅰ 刑法 著:井田良 田口守一 植村立郎 河村博

事例研究 刑事法Ⅰ 刑法 

 

著:井田良 田口守一 植村立郎 河村博 版:日本評論社 2010.9

 

title 充実。総論8テーマ、各論8テーマ。と聞くと、守備範囲が狭そうだがそのようなことはない。出題可能性の高い(=講学上、実務上重要な)要点は網羅されている。事例を前提にして解説していくスタイルだが、シリーズの他の科目とは違い答案はない。また、ロースクールの演習や期末試験の問題を集めてきて解説するものではない。解説したいことがまず先にあって、それを書くために事例を工夫して作られている印象。

 

2分冊。第1巻の本書が刑法編で、1ページから380ページぐらいまで。第2巻の刑訴編が、380ページぐらいから始まる。2分冊とはいえ、1ページから始まらない本は余り見たことがない。両方買えというメッセージか(ー公ー;)

 

詳しく見る »

■■■その他新刊法律書

ケースブック民事訴訟活動・事実認定と判断─心証形成・法的判断の過程とその解説 瀬木比呂志 判例タイムズ社 2010.11.9

 

 

会社法基礎クラス+α 法律文化社 11/9日発売

民事判例1 2010年前期 編集:現代民事判例研究会 日本評論社 10/20

基本判例に学ぶ刑法総論 著:山口厚

基本判例に学ぶ刑法総論 

 

著:山口厚 版:成文堂 2010.6

 

title

分析的でかなり良い。

 

 掲載判例は、重要判例ばかり。事案、判旨、規範、考慮要素、射程、章の最後にテーマ全体としての判例群をまとめる解説がある。山口説による解説というのはほとんど顔をださない客観的なスタンスである。「判例はこう言っている、判例は①②③に着目する、判例はこのような枠組みで判断している」という感じ。例えば、正当防衛のところでも「ひとまず判例の正当防衛の判断枠組みを理解して、それを使いこなすことが大切だ」という趣旨で書かれている。当初レビューでは、「山口先生による一貫した解説と理論的な整理」と記していたが、改めた。

 

 したがって、自分のとる立場が山口説でなくても全く問題ない。重要テーマ、基本的なテーマの学習をする人向け。最新判例や発展的内容の勉強は本書の守備範囲外。

要件事実マニュアル 第3版 全5巻 岡口基一

要件事実マニュアル1 第3版 

要件事実マニュアル2 第3版 

要件事実マニュアル3 第3版 

要件事実マニュアル4 第3版 

要件事実マニュアル5 第3版 

 

著:岡口基一 版:ぎょうせい 1:2010.10 2:2010.9 3:2010.8 4:2010.8 5:2010.7

要件事実マニュアル要件事実マニュアル要件事実マニュアル要件事実マニュアル要件事実マニュアル 

 

 第3版から5分冊。第1巻と第2巻で民法。3巻以降で諸法。

 岡口裁判官の要件事実マニュアルがついに書籍化。かつては司法研修所の中だけで、しかもコピーでのみ出回っていたという幻の名著でありました。初版刊行時には、実務家はもちろんのこと法科大学院生にも馬鹿売れでした。

 この本は、民法の全条文と紛争類型別の要件事実ががっちり整理されています。要件事実を民法の体系に沿って整理することにより法律実務家が容易に要件事実の確認ができるようにし、さらに、各要件事実における論点、注意点、記載例をも記載することで、本書1冊で、要件事実及びその記載例、そして、当該要件事実に関わる最低限の知識を一覧できるようにしています。
 そもそも実務家向けの本ですが、法律実務家たらんとする者(司法試験受験生)が机上に備え置く1冊としてもお薦めです。一連の司法制度改革・司法試験改革により、司法修習の前期修習部分が法科大学院カリキュラムに組み込まれていますし、新司法試験でも要件事実そのものをモロに問う試みがなされました。

 

 学生的には、マーケットプレイスで値下がりしている初版、第2版の二分冊がねらい目ですね。

→ 要件事実マニュアル

 

詳しく見る »