Category: 総合

[ 新着順 ] 「総合カテゴリー」の記事が新しい順に並んでいます。科目別カテゴリーでは紹介しきれないもの、全科目横断的なもの及び人気ランキング等の記事が含まれます。より具体的には、下位の細分化されたカテゴリー(ex. 六法、PCグッズ…)をご覧ください。

■■■その他新刊法律書 2011/3/3

最高裁の暗闘 少数意見が時代を切り開く 朝日新書 2011.1

はじめて出会う生命倫理 玉井真理子 大谷いづみ 有斐閣アルマInterest 2011.3.5

執政機関としての議会 -権力分立論の日独比較研究 村西良太 有斐閣 2011.3.2

初めての法律学 HとJの物語 第3版 (有斐閣アルマ) 2010.12.24

■■■その他新刊法律書 2011/3/2

法律文書作成の基本 田中豊 日本評論社 実務家向け

プリメール民事訴訟法 河野正憲 芳賀雅顯 鶴田滋 勅使川原和彦 法律文化社 2010.12

人間の安全と刑法 (立命館大学法学叢書) 生田勝義 法律文化社 2010.11

共犯理論の展開 西田典之 成文堂 2011.1

プライマリー刑事訴訟法 第3版 椎橋隆幸編 信山社 渥美東洋門下の共著による入門書 2011.2

被害者のための刑事裁判ガイド 柳沢智子 リベルタ出版 学術書ではありません 2010.11

同一価値労働同一賃金原則の実施システム 森ます美 浅倉むつ子 有斐閣 2011.1

国際条約集2011年版 奥脇直也 有斐閣 2011.3.14

時効制度の構造と解釈 松久三四彦 有斐閣 2011.3.10

医療裁判 理論と実務 石川寛俊 日本評論社 2010.12

新司法試験 合格者に学ぶ勉強法

新司法試験 合格者に学ぶ勉強法 平成23年版(2011年版) 

新司法試験 合格者に学ぶ勉強法 平成22年版(2010年版)

新司法試験 合格者に学ぶ勉強法(2009年版)

新司法試験合格体験記集(2008年版)

新司法試験合格体験記集(2007年版)

編著:木山泰嗣・受験新報編集部 版:法学書院

 雑誌「受験新報」に掲載されていた合格体験記を集めて本にしたもの。 09年の最新版からタイトルが「合格者に学ぶ勉強法」となり、巻頭には木山先生書き下ろしの「合格者体験記の読み方」を収録した。新司法試験合格者15名(未修者4人,既修者6人,リベンジ組5人)の合格体験記集。

私の[新]司法試験合格作戦 エール出版

私の[新]司法試験合格作戦(2011年版)

私の[新]司法試験合格作戦(2010年版)

私の[新]司法試験合格作戦(2009年版)

私の[新]司法試験合格作戦(2008年版)

私の[新]司法試験合格作戦(2007年版)

私の司法試験合格作戦(2008年版)

私の司法試験合格作戦(2007年版)

版:エール出版

 こうすればあなたも合格する・体験手記集。合格に導いた基本書・講義利用法・勉強計画の立て方…。最新合格者の技を盗もう。まだ勉強方法の確立していないロースクール未修生、法学部生にはもちろん、すでに勉強が進んでいる方にも参考になるヒントが満載です。

法律文書作成の基本 田中豊 日本評論社

法律文書作成の基本 

 

著:田中豊 版:日本評論社 2011.2

 

法律文書作成の基本出版社による公式説明等

 

法律実務家、ロー・スクール生のための日本で初めての本格的な「書き方」のテキスト。

 

答案作成法というようなものではありません。法律文書の基本解説と具体的な解説。訴状、答弁書、準備書面、契約書といった法律文書の「書き方」、文書例もついてます。「理念的なロースクール」でリーガルライティングと呼ばれている領域のテキストですね。

判例セレクト2001~2008

判例セレクト 2001~2008 

 

著:法学教室編集室 版:有斐閣 2010.12.24

 

判例セレクト出版社による公式説明等

 

『法学教室』3月号別冊付録として好評の「判例セレクト」の2001~2008の8年分を1冊に合本したもの。各年の憲法・民法・刑法の重要判例を精選して1頁で解説し,各判例の論点を簡潔に学習するのに最適な,コンパクトな判例解説の決定版。

 

憲法78件、民法87件、刑法83件、判例の動き

最高裁 時の判例

最高裁 時の判例 1 (公法編)

最高裁 時の判例 2 (私法編1)

最高裁 時の判例 3 (私法編2)

最高裁 時の判例 4 (刑事法編)

最高裁 時の判例 5 (H15~H17年)

最高裁 時の判例 6 (H18~H20年)

版:有斐閣

最高裁 時の判例 ロー生必携。最高裁判例について詳しく知りたいときは、最高裁判所調査官による判例解説が有益である。最高裁判決を事実上書いているのは、なにを隠そう調査官である。事件を担当した調査官本人の解説だから、問題の所在や判例理論はもちろん、結論に至った背景なども丸わかり。

 その調査官解説は、雑誌「法曹時報」(by法曹会)に掲載された後、年度毎の「最高裁判所判例解説」(by法曹会)に収録される。そして、さらに雑誌「ジュリスト」(by有斐閣)の「時の判例」コーナーにも最高裁調査官によるコンパクトな解説が掲載される。
 「最高裁 時の判例1~4」は、平成元年から14年までに言い渡された新しい事件に絞って、最高裁判例を分野別に分類し、時の判例(コンパクトバージョンの調査官解説)をまとめて本にしたもの。当該判例の意義や射程が客観的に解説されているので、ロースクールでの判例研究にも最適。平成以降の新しい判例をつぶしておけば、試験対策上も優位に立てるでしょう。
 1巻は、憲法・行政法・税法・環境法・国際法に関する判例110件強。2巻は、民法分野に関する判例130件強。3巻は商法・民訴法・労働法・知的財産法・経済法・国際私法に関する判例160件強。4巻は、刑法・刑訴法などに関する判例130件を収録。

 2007年末、「最高裁 時の判例(5)」として、H15年からH17年までの判例を追補する続刊が発売された。

 2010年末、時の判例6がでました。H18年からH20年の判例を追補する。

■■■その他新刊法律書 2011/3/1

法律学基礎論の研究(平井宜雄著作集1) 有斐閣 (2010/12/18)

法行為法理論の諸相(平井宜雄著作集2) 有斐閣(2011/3/10)

借地・借家の裁判例 第3版 内田勝一 山崎敏彦 有斐閣 (2010/12/4)

保険法判例百選 (別冊ジュリスト 202) 山下友信 洲崎博史(編)

夫婦の法律相談 第2版 有斐閣 2010.12

債権者取消権の判例総合解説 下森定 信山社 (2010/12/1)

現代相続法 床谷文雄 犬伏由子(編集) 有斐閣 2010.11 

家族法改正 -婚姻・親子関係を中心に 中田裕康 有斐閣 2010.12

民法研究 6  中村哲也 蟻川恒正 広中俊雄 信山社 2011.2.25

 

コンメンタール民事訴訟法 Ⅳ 秋山幹男 菊井維大 村松俊夫 日本評論社 2010.12

 

注釈刑法 第1巻(1条~72条) (有斐閣コンメンタール) 編:西田典之 山口厚 佐伯仁志  (2010/12/24)

 

 

法学入門 星野 英一 有斐閣 (2010/11/27)

 

 

情報公開と公文書管理 宇賀克也 有斐閣(2010/12/20)

■■■その他新刊法律書 たくさんあります (^^)/ 2011/2/28

■■公法系■■

憲法のimagination  長谷部恭男/羽鳥書店

メディアと政治 改訂版』 蒲島郁夫 竹下俊郎 芹川洋一/有斐閣アルマ

福祉国家と憲法構造 (尾形健/同志社大学法学叢書)

基本的人権の事件簿 第4版 憲法の世界へ(共著/有斐閣選書)

憲法概論 第7版 (小嶋和司 大石眞 / 有斐閣)

憲法学の倫理的転回 (学術選書49) 三宅雄彦 信山社

人権の実現 講座人権論の再定位 齋藤純一 法律文化社

人権の再問 講座人権論の再定位 市野川容孝 法律文化社

放送の自由の基層 (学術選書57) 西土彰一郎 信山社

報道の自由  (学術選書55) 山川洋一郎 信山社

 

■■刑事系■■

刑法案内1 藤木英雄 板倉宏  勁草法学案内シリーズ

刑法案内 藤木英雄 板倉宏  勁草法学案内シリーズ

裁判員裁判と死刑判決 (小早川義則/成文堂)

逐条解説 刑事収容施設法 (林眞琴 北村篤 名取俊也 / 有斐閣)

 

 

■■そのほか■■

法典という近代 装置としての法 (金山直樹/勁草書房 )

チラ裏メモ

1.全ページ共通の右側サイドバー「出版社×シリーズ」を拡充。

2.古い記事もレビューを書き換えたりするとWhat'sNewで告知される。

■■■その他新刊法律書

ケースブック民事訴訟活動・事実認定と判断─心証形成・法的判断の過程とその解説 瀬木比呂志 判例タイムズ社 2010.11.9

 

 

会社法基礎クラス+α 法律文化社 11/9日発売

民事判例1 2010年前期 編集:現代民事判例研究会 日本評論社 10/20

チラ裏メモ

会社法の教科書の書評数件見直し。

■■■ 2010/11/9 その他新刊法律書

民事訴訟のスキルとマインド 著:現代民事法研究会

公害・環境訴訟と弁護士の挑戦 編:日本弁護士連合会公害対策環境保全委員会

速報判例解説 雑誌法学セミナー増刊

速報判例解説7 法学セミナー増刊  

 

編:速報判例解説編集委員 版:日本評論社 2010.9.29

 

title
 主要6分野と新司法試験の選択科目分野の計15分野の最新重要判例(2010年4月まで)

岩波基本六法 平成23(2011)年版

岩波基本六法 平成23(2011)年版 

 

版:岩波書店 2010.10.22

 

title判例無し。持ち運びできるサイズであるものの、判例がないぶんだけコンパクトサイズの六法よりも収録法令数が多い。

法学教室11月号(No.362・2010年10月28日発売 ) 特集「つまずきのもと 商法」

法学教室11月号 商法特集 

 

版:有斐閣 2010.10.28

 

title<特集の本文より>

 商法の代表としてこの特集では会社法を取り上げるが,会社法のつまずきのもとは,そ もそも「会社法」という実定法自体であると言ったら,「そうだ」という賛成が沢山得られ そうである。条文が膨大で,内容も,閉鎖的会社を出発点として上場会社のごとき会社の 規律を特則として法律を組み立て,また「公開会社」に代表されるようにわかりにくい定義のされた用語を駆使して構築されている。しかし,法律の作り方の当否はともかく,こ ういうことには慣れてもらうしかない。 

詳しく見る »

■■■ 2010/11/8 その他新刊法律書

環境法研究 35号 最近の重要環境判例 編:人間環境問題研究会 11月新刊

新・消費者法これだけは 法律文化社 編:杉浦市郎 9月既刊

 

法哲学年報2009 リスク社会と法 日本法哲学会/編 有斐閣 11/1発売

 

現代相続法 床谷文雄,犬伏由子/編  有斐閣 11/5発売

有斐閣 判例六法 平成23年版 最新版! 迷ったらこれ

有斐閣 判例六法 平成23年版

版:有斐閣 2010.11.10 

有斐閣判例六法 今年はオレンジ色!

 2色刷。小型化された判例付き六法。判例が掲載されている分だけ紙幅を使うので収録法令数がコンパクト六法よりも少ない。学習用六法に特化した内容で、判例百選とのリンク効果が絶大。従来は大型の六法だったが、2色刷+小型化された際に書込余白がほとんど無くなったことが玉に瑕。

 持ち歩きたくなるポップなデザイン。判例六法プロの「2分冊」がじゃまくさく感じる方、ロースクールの通学時間が長くコンパクトタイプを求める方、重たいのはいやだという女性の方、法学部生でロースクール進学を考えている方はこれできまり。

 司法試験に関わろうとする人で、どの六法にしたらいいのか分からない場合はこれにしてください。書店にいくと、ターコイズブルーのカバーが目立ちます。2色刷りのイメージは「プロ」の特集記事でご覧ください。

 

詳しく見る »

ハイローヤー臨時増刊号 続 予備試験研究本 2010 2010年 12月号

 ハイローヤー臨時増刊号 続 予備試験研究本 2010 2010年 12月号 

 

著:辰巳法律研究所 2010.10.29

 

title700円。

■■■ 2010/10/7 その他新刊法律書

国際租税訴訟の最前線 著:中里実 太田洋 弘中聡浩 宮塚久 有斐閣

知的財産とソフトロー 著:中山信弘 大渕哲也 有斐閣

現代行政の公共性と法―行政の法的存在理由 著:福家俊朗 日本評論社

国際社会と法 — 国際法・国際人権法・国際経済法 著編:横田洋三 有斐閣

理論刑法学の探究 編:川端博 山口厚 井田良 浅田和茂 10/6

新司法試験 短答過去問詳解 年度別 最新版

新司法試験 短答過去問詳解 平成21年(2010)

新司法試験 短答過去問詳解 平成21年(2009)

新司法試験 短答過去問詳解 平成20年(2008)

新司法試験 短答過去問詳解 平成19年 (2007)

新司法試験 短答過去問詳解 平成18年 (2006)

版:辰巳法律研究所

新司法試験 短答式問題と解説 年度別 最新版

新司法試験 短答式問題と解説 平成22年度 (2010)

新司法試験 短答式問題と解説 平成21年度 (2009)

新司法試験 短答式問題と解説 平成20年度 (2008)

新司法試験 短答式問題と解説 平成19年度 (2007)

新司法試験 短答式問題と解説 平成18年度 (2006)

著:中央大学真法会 版:法学書院

ロースクール演習

ロースクール演習

版:民事法研究会

 A5判で約200頁。民事法研究会が出している「ロースクール研究」という正当派雑誌の別冊。ロー修了レベル(新司法試験論文レベル)の問題と学者による解説というシンプルな構成。全国の法科大学院で実際に指導されている先生方が「学生が理解しづらいところや悩み」にポイントをしぼって解説するという。
 公法系(憲法・行政法)、民事系(民法・会社法・商法・民事訴訟法)、刑事系(刑法・刑事訴訟法)の各分野について、毎号演習問題を2~3問ずつ掲載。ロー教員が作成している問題なので、予備校答練(論点を詰め込み最新判例をちりばめただけの出題も多い)よりも上質の問題である。
 解説は十分であるものの、出題者作成の模範解答例無し。学生の書いた参考答案無し。No.2では、問題数を増やすためだけに解説なしの「参考問題」を付した。その解説は「ロースクール研究」のバックナンバーに載っているらしいが、極めて煩わしい。No.3以降については未確認です。
 No.1(2009.4.1)
 No.2(2009.8.1)
 No.3(2010.3.16)
 No.4(2010.7)

月刊 Hi Lawyer (ハイローヤー)

月刊 Hi Lawyer (ハイローヤー)

版:辰巳法律研究所

 新司法試験対策専門の受験雑誌。大量の受験生データ、受験生再現答案、模試や答案練習会での受験生のレベル把握等の豊富なデータと専門知識を有したスタッフによる魅力的な特集が組まれている。

今後の記事の予定

■2010年10月号(2010年8月20日発売予定)
 未修者から合格者へ~私はこうして合格した
■2010年12月号(2010年10月20日発売予定)
 今年中にはこれをやっておこう~合格の最低ライン
■2011年2月号(2010年12月20日発売予定)
 答案のトリセツ【お取扱い説明書】~受かる・落ちるの分岐点 必須科目編-2010年公法系・民事系・刑事系 再現答案の比較分析
■2011年4月号(2011年2月19日発売予定)
 答案のトリセツ【お取扱い説明書】~受かる・落ちるの分岐点 選択科目編-2010年労働法・倒産法・知的財産法・経済法・国際関係法(私法系)・租税法・環境法・国際関係法(公法系) 再現答案の比較分析

■■■ 2010/10/6 その他新刊法律書

事例に学ぶ法医学・医事法 第3版 (有斐閣ブックス)  著:吉田謙一 有斐閣

性犯罪者の治療と処遇 共著 日本評論社

要件事実論と基礎法学 著:伊藤滋夫  日本評論社

よくわかる入管法 第2版 著:山田鐐一 黒木忠正 有斐閣

人間回復の刑事法学 編:森尾亮 森川恭剛 岡田行雄 日本評論社

労災・過労死の裁判 著:佐久間大輔 日本評論社

知的財産権と渉外民事訴訟 編:河野俊行 弘文堂

「契約の本性」の法理論 著:石川博康 有斐閣

企業の法的リスクマネジメント (神戸学院大学法学研究叢書)  著:赤堀勝彦 法律文化社

制度的契約論―民営化と契約 著:内田貴 羽鳥書店

18歳からはじめる憲法 著:水島 朝穂 法律文化社

憲法.com 著:大沢秀介 大林啓吾 葛西まゆこ 成文堂

民事責任における抑止と制裁―フランス民事責任の一断面 (神戸学院大学法学研究叢書) 著:廣峰正子 日本評論社

刑事控訴審の理論と実務 著:石井一正 判例タイムズ社

株主総会制度の基礎理論 — なぜ株主総会は必要なのか 著:松井秀征 有斐閣

模範小六法 2011 平成23年版 最新版

模範小六法2011 平成23年版 

版:三省堂  2010.11.2

模範小六法 模範六法の簡易版。学習に特化した小型の判例付六法です。有斐閣判例六法よりも、収録法令がやや多いのが特徴。かつてコンサイス判例六法と呼ばれていたもので、2009年版(平成21年版)から改題された。これも単色での印刷であるものの、視認性は低くない。

模範六法 2011 (平成23年版) 最新版

模範六法 2011 平成23年版 

版:三省堂 2010.11.2

模範六法 伝統。弁護士等の法律実務家(実務法曹)の多く、司法修習生の多くがこれを使っています。理由は、収録法令数が多く、最高裁判例の判旨が条文毎に載っているところ。分厚く重いので、学生で使っているのは少数派。持ってるだけで目立ちます。

 修習生の利用率は判例六法プロと模範六法で半々くらいの感じですね。判例六法プロフェッショナルが登場したいまでも官公庁では主流派。単色での印刷ですが、模範六法はずっと前からレイアウトの工夫で判例と条文の区別がつきやすくなっています。

判例六法 Professional(プロフェッショナル)平成23年版 最新版!

判例六法 Professional(プロフェッショナル)平成23年版

版:有斐閣 2010.10.29

 

有斐閣判例六法プロフェッショナル 従来の「小六法」と「判例六法」がドッキング。2分冊+2色刷で話題。条文が黒、判例がシックな青色系で、条文の検索性と視認性が格段に向上しています。実務家と法科大学院生に最適の六法。三省堂「模範六法」と人気を二分しています。タイトル横の本アイコンからははしがきにリンクしています。

 ややくわしめのレビューがあります。写真もたくさんあるので六法選びの参考にしてください。

 

[>>] 判例六法プロフェッショナル・詳細レビュー

 

 

詳しく見る »

三省堂 新六法 2011 最新版

三省堂新六法2011 平成23年版 

版:三省堂 2010.10

三省堂 新六法 横組み。項目立てが工夫されており、大まかな法分野ごとの特徴や立法動向、法の歴史的形成過程も解説されているそうで、法律を学び始める法学部生の方には馴染みがもてるかもしれません。一般市民向けで、司法試験業界向けという感じは一切ありません。

デイリー六法とポケット六法 最新版!

デイリー六法 2011 三省堂

ポケット六法 平成23年版 有斐閣

各六法とも毎年10月頃の刊行です

 

 内容、体裁、サイズ、値段もほぼ共通。どれを選ぶかは好み。毎年同じ会社のものを買う人が多いです。

 

 このサイズの六法は、判例付六法よりも収録法令数が多いので。法学部に入学する方や一般市民の方もこれでいいと思う。

 迷ったらポケット六法でいいとおもいますが、一応比較めいたことを書いておきましょう。他の出版社からもいろいろな六法が出版されていますが、この2冊が定番です。ポケット六法(有斐閣)のほうがより売れている印象があります。司法研修所の2回試験での持込みはデイリー六法(三省堂)に決まりました。岩波のコンパクト六法は市場から消え、代わりに、よりコンパクトな収録法令少なめの「セレクト六法」があります。収録法令が多い六法としては岩波基本六法があります。

(一般市民向けには横組みのものや口語のものなど読みやすい物も多く売られています。)