Category: 経済法・独禁法

経済法分野の定番基本書・判例集・学者系演習書

経済法判例・審決百選

経済法判例・審決百選

著:厚谷襄児 稗貫俊文 版:有斐閣 2010.4

経済法判例・審決百選  必携。有斐閣別冊ジュリスト。独禁法の運用を理解するには、他の科目同様判例を押される必要があるほか、とくに公取委審決示された解釈に注目する必要がある。 
 
従来「独禁法審決・判例百選」というネーミングでしたが、新しく呼び名が変わりました。

詳しく見る »

ケースブック独占禁止法 第2版 編・著:宮井雅明 和久井理子 河谷清文 武田邦宣 中川寛子 金井貴嗣 川濱昇 泉水文雄

ケースブック独占禁止法 第2版 2010.6 

 

ケースブック独占禁止法 ロースクールのいわば国定教科書。コマ数の関係や教授によっては使用しないこともあるようですが、必携といえるでしょう。

 

『●重要判例を多数追加した充実の最新版!

 新司法試験の選択科目でもある「独占禁止法」唯一のケースブック。初版以降に出た重要判例を多数追加し、法科大学院で学ぶべき判例をすべて網羅した決定版。
 「事実」および「判旨」(公取委の判断)の重要な箇所を抜き出し、難易度に分けた設問をつけて、独占禁止法上の諸論点への理解を確認できるよう工夫。さらに、自習用として使用する際、独力で解答が導き出せるよう設問に対するガイドを掲載。
 同時刊行の同編者による『独占禁止法[第3版]』とともに使用することで、相乗的な学習効果が得られる、法科大学院生向け演習書兼判例教材。』

 

独占禁止法概説 第4版 著:根岸哲 舟田正之

独占禁止法概説 第4版 2010.7  

 

title スタンダード。舟田(立教大)先生は、前試験委員(新司法試験考査委員)です。裁判例、審決例、主要ガイドラインなどは網羅しており、ほぼ通説でバランス良く書かれています。
 第3版では、平成17年改正および各種ガイドライン改定、特殊指定の見直し等に対応。最新第4版では、平成21年改正(排除型私的独占および一部類型の不公正な取引方法への課徴金導入等)を盛り込むとともに,各種ガイドラインの改定や数多くの最新事例もフォロー。

独禁法講義 第5版 白石忠志 有斐閣

独禁法講義 第5版

著:白石忠志 版:有斐閣 20010.3

独禁法講義 白石忠志  人気。独禁法の全容を、図表を駆使してわかりやすく解説する東大教授の本。さらに進んで、高度かつ最新の問題をも紹介しようとする、意欲的な概説書。図表の多用で視覚的訴えるので理解しやすい。ただ、判例を批判的に捉え、また通説とは異なった独自のアプローチも多い。分かりやすい例として民法にたとえると、内田貴(東大)とか山本敬三(京大)のような感じでしょうか。

詳しく見る »

独占禁止法 第2版 白石忠志

独占禁止法 第2版 

著:白石忠志 版:有斐閣 2009.9

独占禁止法 白石忠志 改訂第2版。初版(2006年12月)刊行後の重要事例を盛り込んだ。調べ物用・実務家参照用。人気の「独禁法講義(219頁)」に続き、白石先生がまとめた体系書(600頁強)です。実務に必要な情報を網羅し、体系的に整理している。 
 

詳しく見る »

独占禁止法 第3版 著・編:金井貴嗣・川濵昇・泉水文雄 著:鈴木孝之・武田邦宣・田村次朗・土田和博・宮井雅明・山部俊文・和久井理子

独占禁止法 第3版 2010.6 

 

独占禁止法 2009年改正に対等した第3版。第2版補正版との比較で50頁増。

 

 泉水先生(神戸大)は新司法試験の試験委員です。ロースクールの講義・演習に対応すべく、全国12の主要なロースクールで経済法(または独占禁止法)の講義を行っている教授陣が執筆を担当しています。弘文堂ケースブックを解きつつ参照することがはじめから想定されている本で、事例を中心にして解説するので従来型テキストや一般的な概説書よりも理解しやすいでしょう。   

詳しく見る »

独禁法事例の勘所 第2版 (法学教室Library) 白石忠志

独禁法事例の勘所 第2版 (法学教室Library)

著:白石忠志 版:有斐閣 2010.3

独禁法事例の勘所 有斐閣の雑誌「法学教室」に連載されていた演習記事を単行本にしたもの(法学教室ライブラリーシリーズ)。独占禁止法について、事例演習を通じて勘所(本質)を説く。過去の事例が現在の法令に照らしてどのような問題を提起しているかを論じつつ、近年の独禁法・景表法改正の動きについても幅広くコメントする。 
 
第2版で平成21年の法改正・初版刊行以降の最新事例に対応。

詳しく見る »

経済法 第5版  (NJ叢書) 法律文化社 編:根岸哲 杉浦市郎

経済法(NJ叢書) 第5版 

 

編:根岸哲 杉浦市郎 版:法律文化社 2010.6

 

経済法出版社による公式説明等

 

未評価 新刊書につき

経済法 (LEGAL QUEST)  著:泉水文雄 土佐和生 宮井雅明 林秀弥

経済法 (LEGAL QUEST) 

 

著:泉水文雄 土佐和生 宮井雅明 林秀弥 版:有斐閣 2010.7

 

title 学生にとって,市場,競争,公正な取引などの経済法の用語や定義は理解が難しい。初学者のための基礎的な概念の理解から,既修者としての法の解釈・適用のレベルまで,講義経験豊富な執筆陣が,平成21年改正を織り込みつつ,基礎習得に向け段階を踏んで解説する。

独占禁止法 第3版 村上政博

独占禁止法 第3版

著:村上政博 版:弘文堂 2010.3

独占禁止法 村上政博 公式内容説明  2010年1月を基準時とした独占禁止法の実体ルール、手続を解説した基本書。判審決のみで競争ルールを読み解き、国際標準の競争法に向けてさらに発展していくための道筋を示す。   

詳しく見る »

注釈 独占禁止法 根岸哲

注釈 独占禁止法

著:根岸哲 版:有斐閣 2009.12

注釈 独占禁止法 実務家向け逐条式コンメンタール。1000頁 
 
公式内容説明 
わが国独占禁止法学の到達点。資本主義経済の健全な発展を目指し,理論と実務の協働の下,わが国の独禁法理論は着実に進歩を遂げている。本書は新時代の逐条解説書として,独禁法学の到達点を示す。「補遺」として最新の平成21年改正法の解説も収め,実務に最も適した形とした。

経済法 第2版-判審決の争点整理 鈴木満・鈴木深雪

経済法 第2版-判審決の争点整理

著:鈴木満・鈴木深雪 版:尚学社 2009.7

新刊マーク。 
 
経済法の主要判審決の争点を紹介する。2006年の初版を改訂。「新司法試験「経済法」のテキストとして最適。2009年独禁法改正にいち早く対応。経済法とりわけ独禁法は、条文自体が抽象的にできており、どのような行為が同法違反になるかを知るためには、判審決例を参考にするしかない。このことをコンセプトに独禁法違反事件の「判審決の争点整理」を中心にすえ、「経済法」の内容把握を容易にする。従来型の体系を超えた最適な書。」出版社コメントまま。

演習ノート 経済法 土田和博 岡田外司博

演習ノート 経済法

著:土田和博 岡田外司博 版:法学書院 2008.3

演習ノート 経済法 法学部・学部期末試験対策の定番。重要論点つぶしに。 

詳しく見る »

ベーシック経済法 第3版 有斐閣アルマ

ベーシック経済法 第3版 有斐閣アルマ

著:川浜昇 泉水文雄 瀬領真悟 和久井理子 版:有斐閣 2010.5 

ベーシック経済法 学部教科書(入門書的)。経済活動の中心をなす独占禁止法のエッセンス、基本的な知識を理解し、次へのステップへとつなぐ。入門書らしく具体的な事例を数多く取り入れ、また客観的に(通説的に)記述するよう配慮されている。平易な記述で、独学イケます 
 

詳しく見る »

独禁法基本法令 白石忠志

独禁法基本法令

著:白石忠志 版:商事法務 2007.10

独禁法基本法令  セット。独占禁止法を中心とする経済法の実務に不可欠な法令・ガイドラインを厳選したコンパクトな法令集。9月28日公表の「知的財産ガイドライン」も緊急収録されています。276ページ。 
 

詳しく見る »

事例教材独禁法 白石忠志 商事法務

事例教材独禁法

著:白石忠志 版: 商事法務 2007.10

事例教材独禁法 白石忠志 東京大学法科大学院・法学部の教材です。独占禁止法を中心とする経済法の学習のため不可欠な資料を厳選。各事例にそれぞれ課題を設定した上で、判決・審決・事前相談等の原資料と説明を同時収載。「独禁法基本法令」とセット。 
 

詳しく見る »

独占禁止法の争訟実務―違反被疑事件への対応 著・編:西村ときわ法律事務所 長島大野常松法律事務所 白石 忠志

独占禁止法の争訟実務―違反被疑事件への対応

著・編:西村ときわ法律事務所 長島大野常松法律事務所 白石 忠志 版:商事法務 2006.10

独占禁止法の訴訟実務 新制度を踏まえた審査審判対応のための一連の手続を解説。独禁法被疑事件に直面した会社・弁護士は何をすべきか。 
 

詳しく見る »

経済法 第6版―独占禁止法と競争政策(有斐閣アルマ)

経済法 第6版―独占禁止法と競争政策(有斐閣アルマ)

著:岸井大太郎 和田健夫 稗貫俊文 向田直範 内田耕作 版:有斐閣 2010.3

経済法 有斐閣アルマ 学部生用。独占禁止法をわかりやすく、コンパクトに解説したテキストの最新版。 
 
公式内容説明
経済法全体の概要をコンパクトに収めたテキスト。第6版では重要新判例・審決を盛り込んだことはもちろん,独占禁止法の大幅改正に対応したほか,各所の記述をブラッシュアップして分かりやすさを追求した。 
 

詳しく見る »