Category: 選択

[ 新着順 ] 選択科目(労働、知財、倒産を除く)の各法分野の全ての本が新しい順に並んでいます。人気、おすすめ、注目の本は下位の細分化されたカテゴリー(ex. ○○法の基本書、○○法の論文対策…)で紹介しています。

国際法第2版 / 国際私法第2版 / 国際民事手続法 有斐閣アルマ

国際法 有斐閣アルマ 第2版 

著:中谷和弘 植木俊哉 河野真理子 森田章夫 山本良 版:有斐閣 2011.3.18

国際私法 有斐閣アルマ 第2版

著:神前禎 元永和彦 早川吉尚 版:有斐閣 2006.12

国際民事手続法 有斐閣アルマ

著:本間靖規 酒井一 中野俊一郎 版:有斐閣 2005.10

 (アルマ・国際私法) コンパクト&スタンダード。テキスト。伝統的な国際司法の規律の意味・内容を明らかにしつつ、国際倒産、国際商事仲裁、知的財産権等の最先端の議 論を展開。最新判例・学説に加えて、今後の立法動向にも言及。インターネットの登場や国際化の進展に伴う問題を扱うなど、現在の重要性に応じて記述にメリ ハリをつけた、新しい時代の国際私法・国際民事手続法の教科書。

(国際民事手続法) 社会のグローバル化により激動する国際民事紛争の状況を反映し、国際民事手続法上の諸問題をめぐる手続の仕組み、判例・学説の状況をわかりやすく解説したスタンダードテキスト。

環境法 北村喜宣 弘文堂

環境法 

 

著:北村喜宣 版:弘文堂 2011.3

 

title出版社による公式説明等

 

「環境法」学習のための10のポイントをおさえたテキスト。複雑な実定法をやさしい語り口で解きほぐす。スパイスが効いた「トリビア環境法」「学習ポイント」「基本的用語の確認問題」など、理解をサポートする工夫が満載。

 

 法科大学院生用教科書、新司法試験対策。総論と各論の2部構成となっている。図表などもつかって解説するなど工夫も多い。基礎用語や基本理論の確認問題が巻末にある。

プレップ環境法 第2版 北村喜宣

プレップ環境法 第2版 

著:北村喜宣 版:弘文堂 2011.2.28

 

プレップ環境法 北村喜宣 弘文堂のプレップシリーズ、定評のある入門書です。プレップ環境法は、環境法の全体像を体系的に示すのではなく、「学習のポイント」をわかりやすく伝えることをめざしています。どうやって環境法の勉強をすすめればよいのか?この問いに答えることが本書の最大のテーマ。新司法試験委員が書き下ろした新しいスタイルの入門書です。

プレップ租税法 第2版 佐藤英明 弘文堂

プレップ租税法 第2版 

 

著:佐藤英明 版:弘文堂 2010.12
租税法の考え方が身につく良書(初版)入門書として最適(初版)最高の良書(初版)会話形式が苦にならないなら最高(初版)

 

title出版社による公式説明等

 

今、全部わからなくても大丈夫!「租税法」の街を初めて訪れる人に贈るガイドブック。親しみやすい会話体で、身近な租税法のことをもっと知りたくなる、読んで楽しい入門書、アップデート版。

 

 

 

 

詳しく見る »

弁護士のための租税法 第2版 著:村田守弘・加本亘 版:千倉書房

弁護士のための租税法 第2版

著:村田守弘・加本亘 版:千倉書房 2010.7

弁護士のための租税法 好評第2版

 「ビジネスローの実務において弁護士が税務の知識を持つのは必須―弁護士が理論武装するための租税法基礎の学習本。法人税、所得税、消費税の基本三法に加え、組織再編、連結納税、国際税務も網羅された」   弁護士と公認会計士・税理士の共著。現役弁護士が租税法の第一人者に問題を投げかけるというもので、読み物としても学習用としても良い。特に1章を割いて、新司法試験の過去問(平成18年~平成20年)を題材として弁護士の税務について解説している。書店でも平積みされてよく売れているようです。税法全体がスッキリまとまっていて評判がよい。

経済法 第5版  (NJ叢書) 法律文化社 編:根岸哲 杉浦市郎

経済法(NJ叢書) 第5版 

 

編:根岸哲 杉浦市郎 版:法律文化社 2010.6

 

経済法出版社による公式説明等

 

未評価 新刊書につき

税法基本講義 著:谷口勢津夫 弘文堂

税法基本講義

著:谷口勢津夫 版:弘文堂 2010.3

税法基本講義 新刊マーク 公式内容説明 難解だとされる税法を条文に沿って基礎から学べる基本書。基礎理論、条文の読解、全体的・体系的把握、ネーミング、論点の深い理解の5点を重視した読み応えのあるテキスト。

詳しく見る »

経済法 (LEGAL QUEST)  著:泉水文雄 土佐和生 宮井雅明 林秀弥

経済法 (LEGAL QUEST) 

 

著:泉水文雄 土佐和生 宮井雅明 林秀弥 版:有斐閣 2010.7

 

title 学生にとって,市場,競争,公正な取引などの経済法の用語や定義は理解が難しい。初学者のための基礎的な概念の理解から,既修者としての法の解釈・適用のレベルまで,講義経験豊富な執筆陣が,平成21年改正を織り込みつつ,基礎習得に向け段階を踏んで解説する。

環境法 第3版 大塚直

環境法 第3版 

著:大塚直 版:有斐閣 2010.8

環境法 大塚直 著者は新司法試験委員。複数の法領域にまたがり、さまざまなアプローチによる研究が積み重ねられてきた環境法学を、ひとつの独立した法分野として構築。類を見ない完成度で、学習・研究から実務まで幅広いニーズに応える、環境法の本格的体系書。この基本書だけは読まなきゃ話にならない定番。

独占禁止法概説 第4版 著:根岸哲 舟田正之

独占禁止法概説 第4版 2010.7  

 

title スタンダード。舟田(立教大)先生は、前試験委員(新司法試験考査委員)です。裁判例、審決例、主要ガイドラインなどは網羅しており、ほぼ通説でバランス良く書かれています。
 第3版では、平成17年改正および各種ガイドライン改定、特殊指定の見直し等に対応。最新第4版では、平成21年改正(排除型私的独占および一部類型の不公正な取引方法への課徴金導入等)を盛り込むとともに,各種ガイドラインの改定や数多くの最新事例もフォロー。

独占禁止法 第3版 著・編:金井貴嗣・川濵昇・泉水文雄 著:鈴木孝之・武田邦宣・田村次朗・土田和博・宮井雅明・山部俊文・和久井理子

独占禁止法 第3版 2010.6 

 

独占禁止法 2009年改正に対等した第3版。第2版補正版との比較で50頁増。

 

 泉水先生(神戸大)は新司法試験の試験委員です。ロースクールの講義・演習に対応すべく、全国12の主要なロースクールで経済法(または独占禁止法)の講義を行っている教授陣が執筆を担当しています。弘文堂ケースブックを解きつつ参照することがはじめから想定されている本で、事例を中心にして解説するので従来型テキストや一般的な概説書よりも理解しやすいでしょう。   

詳しく見る »

プラクティス国際法講義 編:柳原正治、森川 幸一、兼原敦子ほか

プラクティス国際法講義 2010.4  

 

title国際的原則が形成されてきた歴史的背景や経緯を詳しく書く。現行制度の基礎と体系の定着のためのプラクティス。

ケースブック独占禁止法 第2版 編・著:宮井雅明 和久井理子 河谷清文 武田邦宣 中川寛子 金井貴嗣 川濱昇 泉水文雄

ケースブック独占禁止法 第2版 2010.6 

 

ケースブック独占禁止法 ロースクールのいわば国定教科書。コマ数の関係や教授によっては使用しないこともあるようですが、必携といえるでしょう。

 

『●重要判例を多数追加した充実の最新版!

 新司法試験の選択科目でもある「独占禁止法」唯一のケースブック。初版以降に出た重要判例を多数追加し、法科大学院で学ぶべき判例をすべて網羅した決定版。
 「事実」および「判旨」(公取委の判断)の重要な箇所を抜き出し、難易度に分けた設問をつけて、独占禁止法上の諸論点への理解を確認できるよう工夫。さらに、自習用として使用する際、独力で解答が導き出せるよう設問に対するガイドを掲載。
 同時刊行の同編者による『独占禁止法[第3版]』とともに使用することで、相乗的な学習効果が得られる、法科大学院生向け演習書兼判例教材。』

 

環境法の基礎 著:松村弓彦

環境法の基礎 2010.5 

公式内容説明

日本の環境法学研究の素材として、ドイツ環境法の基礎理論に焦点を当て、環境管理や環境法の原則などについて考察。日本の環境法との比較も収録する。ドイツ環境法の研究成果の集成。

 

 

 

目次

第1章 環境と環境法(環境法
環境
環境権と環境配慮義務
環境損害)
第2章 環境管理(環境法におけるリスク管理
リスク管理の方法論
リスク管理と原則論・政策手法論
役割分担)
第3章 環境法の原則(伝統的3原則
その他の論点)

ロースクール環境法 第2版 著:松村弓彦 荏原明則 石野耕也 織朱實 小賀野晶一 柳憲一郎

 ロースクール環境法 第2版 2010.4 

内容(「BOOK」データベースより)
ロースクール向け環境法の教科書。基礎論、部門法、環境行政訴訟、環境民事訴訟、先進的法制度の動向の5編で構成。基礎論ではリスクの調査・評価・管理、環境法の原則、環境保全手法等に関する主要論点を示す。部門法は新司法試験の範囲となる諸法を中心に簡明に論述し、訴訟編では環境法に特化した論点に限る。

 

新刊書につきマークしました。

マテリアルズ国際取引法 第2版 澤田壽夫 柏木昇 杉浦保友 高杉直 森下哲朗

マテリアルズ国際取引法 第2版

著:澤田壽夫 柏木昇 杉浦保友 高杉直 森下哲朗 版:有斐閣 2009.11

マテリアルズ国際取引法国際取引に関する法令、契約書、判例、新聞記事等を盛り込み、それらを体系的に位置づけながら国際取引法を解説するテキスト。企業法務や外国での教授の経験を踏まえながら国際取引法の現実の仕組みと機能を明らかにし、生きた国際取引法を学べるよう工夫した。収録資料を厳選し、最新に改めた第2版。

国際取引法 第3版補訂2版 山田鐐一 佐野寛

国際取引法 第3版補訂2版

著:山田鐐一 佐野寛 版:有斐閣 2009.2

国際取引法 理論と実務の両面から国際取引法を体系的に理解できる,コンパクトでわかりやすい教科書。国際取引法の理解がますます重要になっている今日,主に学部学生向けに基本的な知識,考え方の獲得を目指した。契約の準拠法・製造物責任ほかを補訂し,法適用通則法に完全対応。

国際私法概論 第5版 木棚照一 松岡博 渡辺惺之

国際私法概論 第5版

著:木棚照一 松岡博 渡辺惺之 版:有斐閣 2007.7

国際私法概論  国際的経済関係の緊密化に伴う国際契約・国際結婚などを,設例をもちいて問題を解決する手掛かりが得られるよう工夫された好評のテキスト。法適用通則法にもとづく全面改訂はもちろん,百選の引用は平成19年1月刊行の国際私法判例百選[新法対応補正版]による。

国際民事関係法 (国際私法・国際民事手続法・国際取引法)

国際民事関係法 (国際私法・国際民事手続法・国際取引法)

著:廣江健司 版:成文堂 2008.5

国際民事関係法 実務家(弁護士)・桐蔭横浜大ロースクール教授

国際関係私法入門 第2版-国際私法・国際民事手続法・国際取引法

国際関係私法入門 第2版-国際私法・国際民事手続法・国際取引法

著:松岡博 版:有斐閣 2009.10

国際私法入門  国際私法,国際民事手続法,国際取引法の3分野を「国際関係私法」と位置付けて1冊におさめた,新しいタイプのテキスト。複雑な国際的法律関係を,事例を用いて分かりやすく解説した。これから国際関係私法を学ぼうとするすべての人にすすめる入門書。入門とはいえ422頁で、入門的な基本書という位置づけ。司法試験用に使っている人も多い。

国際私法判例百選 新法対応補正版 櫻田嘉章 道垣内正人

国際私法判例百選 新法対応補正版

著:櫻田嘉章 道垣内正人 版:有斐閣 2007.1.31

国際私法判例百選 「法例」が全部改正され「法の適用に関する通則法」が成立したことに伴い,全面的に見直し,加筆・補訂を施した新法対応補正版。さらに新法施行の2007年1月にあわせ,時機に即した早期の刊行を実現。学習・実務に欠かせない重要判例を集めた最新・必携の書。

ロースクール国際私法・国際民事手続法 第2版 櫻田嘉章 道垣内正人

ロースクール国際私法・国際民事手続法 第2版

編・著:櫻田嘉章 道垣内正人 版:有斐閣 2007.4

ロースクール国際私法 国民生活のグローバル化に伴い,法曹を志す学生が国際私法・国際民事手続法を学ぶ要請は日増しに高まっている。本書は豊富な資料を引用・紹介し,設問・問題等を織り込んで新司法試験用教材としても役立つものとした,法科大学院生必携の決定版テキスト。法適用通則法の施行に伴い,全面リニューアル。

事例で解く国際取引訴訟―国際取引法・国際私法・国際民事訴訟法への総合アプローチ 大塚章男

事例で解く国際取引訴訟―国際取引法・国際私法・国際民事訴訟法への総合アプローチ

著:大塚章男 版:日本評論社 2007.6

事例で解く国際取引訴訟 国際的な商取引に関わる実体法と、その紛争時に関連してくる国際私法・国際民訴法を事例(設問)を用いて有機的に学べる演習書。

ケースで学ぶ国際私法 野村美明

ケースで学ぶ国際私法

著:野村美明 版:法律文化社 2008.6

ケースで学ぶ国際私法  国際的なビジネスや家族生活に実際に使える生きた国際私法を学ぶため、設例や判例を用いて具体的に理解できるよう工夫。法科大学院・法学部でのケースメソッド教材としても最適。タイトル横の本のアイコンから、はしがきにリンクしてます。

詳しく見る »

国際取引法 第2版 木棚照一

国際取引法 第2版

著:木棚照一 版:成文堂 2009.5

国際取引法 私法関係に重点を置いた国際取引法の教科書。第1部「国際取引法総論」では必須と考えられる問題を説明し、第2部「国際取引法各論」では各種国際取引について選択的に学習できるよう構成する。初版刊行後の「法の適用に関する通則法」の施行や国際条約・関連法令の発効、改正の動きを受けて改訂した。

国際私法 新法学ライブラリ 第2版 石黒一憲

国際私法 新法学ライブラリ 第2版

著:石黒一憲 版:新世社 2007.3

国際私法 新法学ライブラリ 国際私法学の全体像を、図表の類を多く用いながら分かり易く解説。日本の判例という形には凝縮していない理論的・実務的諸問題についても、広くとり上げる。新会社法など、他の法の諸分野での問題に深く踏み込んだ第2版。

国際動産売買契約法入門 中村秀雄

国際動産売買契約法入門

著:中村秀雄 版:有斐閣 2008.12

国際動産売買契約法入門 学生,実務家向けのコンパクトなテキスト。国際契約の成立を実務・理論面からみて,国際動産売買契約の中味を明快に説明。豊富な経験を生かし,読者が実務で出会う問題に答を与えることを目指す。国際取引の拠所たる英国法を中心に,ウィーン売買条約にも言及。

国際私法 有斐閣Sシリーズ 第5版 櫻田嘉章

国際私法 有斐閣Sシリーズ 第5版

著:櫻田嘉章 版:有斐閣 2006.11

国際私法 有斐閣Sシリーズ  重要な論点をコンパクトに解説する学部教科書の定番。新たな法制度の趣旨を旧法と対比させながら分かりやすく解説。今回の第5版から横組化。

ポイント国際私法 総論 第2版 道垣内正人

ポイント国際私法 総論 第2版

著:道垣内正人 版:有斐閣 2007.4

ポイント国際私法 道垣内正人 国際私法の全体像がクリアになる1冊。「法の適用に関する通則法」が成立し,2007年1月1日から施行されたことに伴い,初版の内容を見直した。国際私法の全体の見通しをよくし,より深い理解のために不可欠なポイントを選び,できるだけ具体的な裁判例を織り込みながらわかりやすく論じている。

国際私法入門 有斐閣双書第 6版 沢木敬郎 道垣内正人

国際私法入門 有斐閣双書第 6版

著:沢木敬郎 道垣内正人 版:有斐閣 2006.10

国際私法入門 有斐閣双書。現代語化が行われた新しい「法の適用に関する通則法」=「法令」が100年余を経て現代化され、「法の適用に関する通則法」として生まれ変わった。新法に沿って全面的に見直しを行った最新版。講義用にはもちろん、独習用にも適した一冊。