Category: 民法の基本書

定番基本書、おすすめ・人気の基本書が上から並んでいます。
赤丸急上昇の注目の基本書も積極的に紹介しています。

内田貴 民法1・2・3・4 全4巻

民法1 総則・物権総論 第4版

民法2 債権各論 第3版 

民法3 債権総論・担保物権 第3版

民法4 親族相続 補訂版

著:内田貴 版:東京大学出版会 1:2008.4 2:2011.2 3:2005.9 4:2004.3
結構改訂されてる民法2は注意民法が苦手な人は教育的配慮(体系の組み替えと判例への焦点重点的な理解にやっぱり定番最高!教科書らしくない良書

内田民法1内田民法2内田民法3内田民法4 スタンダード。旧司法試験論文問題で、内田民法の1項目の表題そのままが出題されたりしたので、それ以降一気に普及。いまや受験界の最大多数派。
 人気の秘密は、東大法学部のカリキュラムにあわせ、教育的な配慮からあえて民法のパンデクテン体系を崩したところにある。まさに、教えるため、学ぶための教科書であり従来の体系書や概説書とは一線を画する仕上がりである。最初のページから順に読み進めていくことが想定されており、つまみ食い的な参照ではその効用を得られない。読み手の学習効果を考えた事例を中心に基本から発展へという叙述スタイルは秀逸である。  受験界通説ではあるが、学会通説ではない独自説の記述も散見される。調べるための基本書ではなく、順に読み進めて力を養う基本書といえるだろう。  法人法制の改革をうけて、一巻が改訂されとなる。

川井健 民法概論1~5

民法概論1 民法総則 第3版

民法概論2 物権 第2版

民法概論3 債権総論 第2版補訂版

民法概論4 債権各論 補訂版 

民法概論5 親族相続

著:川井健 版:有斐閣 1:2008.3 2:2005.10 3:2009.4 4:2010.12 5:2007.4
オーソドックスな体系書民法基本書の最高峰大学者なのに難しくない民法の国定教科書芸実的シンプル

 故我妻先生の系譜を継ぐ最後の弟子たる川井先生が、伝統的通説の立場からまとめた体系書。教育的配慮から民法のパンデクテン体系をあえて崩した内田民法・大村基本民法とは異なる。むしろ、民法を一通り学んだ者とすれば、パンデクテンゆえに参照する文献としての検索性に優れているのだ。
 川井先生の民法概論は、実務を支配する我妻説由来の判例通説を、平易で簡潔な叙述スタイルによりまとめ上げたもの。文章が非常に上手でほんとうに読みやすいうえに、抽象論で終わらせずに具体例を豊富に取り上げてもいる。図解、チャート、2色刷等とは無縁であるものの、以上のようなことから修習生・実務家の間でも人気がある。晴れて修習生になると我妻民法講義を読めと言われるが、本書を買う人も多い。依頼者の前では、カラフルなシケタイを広げられません(^_^;)

大村敦志 基本民法1・2・3

基本民法1 総則・物権総論 第3版

基本民法2 債権各論 第2版

基本民法3 債権総論・担保物権 第2版

著:大村敦志 版:有斐閣 1:2007.4 2:2005.4 3:2005.5

大村基本民法1大村基本民法2大村基本民法3 読みやすい。1巻が改訂され、法人のところが書き改められています。著者の大村敦志先生(東大教授)は、新司法試験考査委員です。内田民法同様に、東大のカリキュラムにあわせて、パンデクテンを創造的に壊した構成。
 実際問題、気になるのは、内田民法との比較。比べると、大村基本民法はボリュームが少なく簡潔。その分だけ浅いところもあるが、事例を中心に解説していく内田民法とは違って込み入った議論に少ない、したがって通読用に◎。ハードカバーではないので電車通学のロースクール生にも◎。基本から説き起こし、かつ簡潔にまとめてあるのでかなり読みやすい。  独自の検索用インデックスは、慣れてきた頃に絶大な効果を発揮する。ケーススタディーは判例百選等によって補完すべし。

 ■家族法 第3版(大村敦志/有斐閣) 2010.3

民法の基礎1・2

民法の基礎1 総則 第3版

民法の基礎2 物権

著:佐久間毅 版:有斐閣 1:2008.3 2:2006.9

民法の基礎1民法の基礎2 1巻が法人法制の改正を受けて全面改訂第3版に。「民法総合事例演習」で参照文献として挙げられる。具体的事例から始まって、法律論とその展開方法を示す最近のトレンドに沿う内容。学習者の要求に応じて記述を段階的に区分けしているため、初学者から既習者までに対応。

 とくにすぐれた点。判例分析を反映した具体的な考慮要素まで記述されており、分厚い本ではないのに読み応えがある。Good。2巻物権編には担保物権法が含まれていない。

担保物権法 第3版

担保物権法 第3版

著:道垣内弘人 版:有斐閣 2008.1

担保物権法 第3版 丁寧な理論解説。担保物権法について、民法はもちろん民事執行法等も含めて体系的に解説してあります。担保物権分野の法解釈に執行実務が影響していることもわかります。抵当権の配当とか、譲渡担保等の法定外担保物権とかは、丸暗記ですませがち。様々な文献から、参照文献としてあげられることが最も多い信頼の置ける本で、調査官解説はもちろん各種判例解説による引用も最多でしょう。新司法試験に向けて本気で取り組むならこれできまり。京大の民法総合事例演習でも必読文献です。

プラクティス債権総論 第3版 潮見佳男

プラクティス債権総論 第3版

著:潮見佳男 版:信山社 2007.4

プラクティス債権総論 第3版 バカ売れ。債権総論の最高水準。薄めの基本書に書いてない事を調べるにはこれでしょう。「民法総合事例演習」での必読文献でもあります。要件事実論への言及もあるうえに、うわべだけの暗記では済ませられないロースクール生の需要と相まって、すごく人気がある。ただしハイレベルです。
 今回の改訂第3版では、預貯金者保護法と賃金業法の改正に対応した。潮見先生も、本書が自身の講義・演習だけでなく、司法試験受験生に広く読まれていること、そして支持されていることを認識されて、第三版ではそのような視点で配慮の行き届いた記述になっている。加筆修正の結果、第2版から100頁分の増加。同じ信山社から、平野先生のプラクティス債権総論という本がありますが、それとは別の本です。第二回新司法試験でモロに問われた債務不履行についての過失責任原則は原則ではないという例の話にもきちんとした分量で記述されてあります。

詳しく見る »

プラクティス債権総論 平野裕之

プラクティス債権総論

著:平野裕之 版:信山社 2005.4
良い買物をした新判例を加え解説がさらに充実

プラクティス債権総論 学習効果絶大。立法の経緯から始まって、従来の通説形成の過程と判例法理の解説。そして通説の行き詰まりと有力学説の分布。議論を克服する最先端へ。これはすごい。
 ページには小さめの文字がぎっしり詰まっているが、わかりやすい図解が助ける。比較法的な観点も交えつつ、立法の経緯からコンコンと解き明かしていくので、本当に理解できる。そのような真の理解は、記憶にこびりつくので、読破後の達成感と理解の深まりは他では体験できまい。同名の本で、潮見先生のプラクティス債権総論があるが、平野プラクティスの方がプラクティス感覚がある。

 

 平野先生が執筆されている体系書として「民法総合」というシリーズがある。判例が多く引用もかなり詳しいので便利に使えそうだが、しっかりした基本書(体系書)という以外には目新しさはない。1(総則),2(物権),4(債権総論)が続刊予定。とくに4の債権総論はプラクティス債権総論を改訂される予定であるとのこと。
 ■民法総合3(担保物権法)第2版
 ■民法総合5(契約法)
 ■民法総合6(不法行為法)第2版
 

基本講義 債権各論1・2

基本講義 債権各論1 契約法・事務管理・不当利得 第2版

基本講義 債権各論2 不法行為 第2版

 

著:潮見佳男 版:新世社 1:2009.12 2:2009.10
読みやすくかつ整理されている初学者から上級者まで使える学生向け教科書コンパクト&クリア要件事実不法行為の本です文句なしわかりやすい

基本講義 債権各論1 契約法・事務管理・不当利得基本講義 債権各論2 不法行為 StrongBuy!錯綜する判例理論・通説・最新の議論がすっきりコンパクトに整理されており、要件事実の整理も秀逸である。2冊とも旧司法試験経験者の痒いところに手が届く仕上がりになっていると言って良い。論点がなぜ論点として論じられるのかという議論の前提や歴史的背景にもふれるため脳にこびりつくようである。上のプラクティスのようにハイレベルではなく、「ですます調」で書かれており非情に親しみやすいのも特調。不当利得については、不当利得類型論で解説、不法行為は、従来型通説を基軸としつつも保護範囲説による説明が詳しい。従来の伝統的通説である不当利得衡平説や不法行為相当因果関係説もはや支持者を失い、裁判実務においても新説が浸透しつつある状況で、司法試験予備校だけがいつまで経っても旧説で教えている。旧来の立場では結論の妥当性が保たれない事案に遭遇した際に、緻密な分析が示せればライバルに差を付けることができるはずだ。
 

不法行為法Ⅰ 第2版(法律学の森シリーズ)(2009.9) 

不法行為法Ⅱ 第2版 (法律学の森シリーズ)(2011.2.25)
不法行為をより深く学ばれる方むけです。

第2版からⅠ・Ⅱ・Ⅲの3分冊になります。Ⅲ巻も続刊予定。

リーガルクエスト(LEGAL QUEST) 民法1総則・2 物権・6親族相続

民法1総則 (LEGAL QUEST) 

著:佐久間毅 石田剛 山下純司 原田昌和 2010.11.1

民法2 物権 (LEGAL QUEST 

著:石田剛 武川幸嗣 占部洋之 田寛貴 秋山靖浩 2010.5

民法6 親族・相続 (LEGAL QUEST) 

著:前田陽一 本山敦 浦野由紀子 2010.10.16

 

リーガルクエスト 民法1リーガルクエスト 民法2リーガルクエスト 民法6出版社による公式説明等

『民法を学ぼうとする学生向けの教科書。基本的な事項の解説や重要判例(別枠で原文引用)の紹介に加え,コラムなど,多角的な理解ができるよう工夫した。章末の練習問題で,学習内容の確認をすることも可能。民法の物権全分野の基本を的確に学べる信頼のテキスト。』

 

リーガルクエスト。法科大学院既習者レベルへの到達を目指した有斐閣の新しい教科書シリーズ。基本概念、原理原則から解きほぐして具体的事例への適応能力(応用)の獲得までも目指す。会社法の評判がかなりよい。

有斐閣Sシリーズ 民法 全5巻

有斐閣Sシリーズ1 総則 第3版補訂

有斐閣Sシリーズ2 物権 第3版補訂

有斐閣Sシリーズ3 債権総論 第3版

有斐閣Sシリーズ4 債権各論 第3版補訂

有斐閣Sシリーズ5 親族相続 第3版

著:共著 版:有斐閣 1:2007.9 2:2010.3 3:2005.4 4:2009.6 5:2005.4

有斐閣Sシリーズ有斐閣Sシリーズ有斐閣Sシリーズ有斐閣Sシリーズ有斐閣Sシリーズ 学部上級教科書の定番。第一線の執筆陣による定評あるロングセラー。重要な説明部分を明示し,図表を活用するなど、立体的な理解を助ける。民法現代用語化等の法改正に対応し、同時に体裁を横組に変更してリニューアル。

近江幸治 民法講義1・2・3・4・5・6・7 全7巻

民法講義1 民法総則

民法講義2 物権法

民法講義3 担保物権

民法講義4 債権総論

民法講義5 契約法

民法講義6 事務管理・不当利得・不法行為

民法講義7 親族法・相続法

著:近江幸治 版:成文堂 1:2008.5 2:2006.5 3:2007.5 4:2009.3 5:2006.10 6:2007.12 7:2010.1

 早大教授。民法の基礎理論を重視して、バランスのよい解釈論を展開する。意義、趣旨、要件、効果が、はっきり書かれているので、確認しながら安心して読み進めることができ、司法試験向きの基本書である。
 論点解説が充実。有力反対説に立つことも多いが、争いのあるところは、自説だけに終始することなく、判例と学説の動向を分析的に紹介。流行の2色刷・横書きであることも相まっ て売れ筋である。特に初学者への配慮から、図表が豊富である。ビジュアルでは内田民法はもちろん予備校本にも負けていない。

ハイブリッド民法1~5

ハイブリッド民法1 民法総則

ハイブリッド民法2 物権・担保物権

ハイブリッド民法3 債権総論

ハイブリッド民法4 債権各論

ハイブリッド民法5 家族法

著:共著 版:法律文化社 1:2007.3 2:2007.3 3:2006.11 4:2007.4 5:2006.11
読みやすいレベルはちょうど良く読みやすいが構成と誤字に難あり

 変わったタイトルの本が産声をあげた。ハイブリッドとは、法学部とロースクールの民法教育をつなぐという意味でつけられたらしい。判例・通説を軸にしてバランスの良い記述。簡単すぎず、かといって難しすぎない。ハイブリッドと銘打つだけあって最新の議論もトッピック・コラム欄できちんと分量を割いてある。
 予備校本一辺倒で基本書を読んだことのない人とか、他の科目との配分で分厚い系基本書に手が出ない人もこれなら大丈夫です。コンパクトな基本書を探しているなら、有斐閣Sシリーズよりもこっちのが相当良い。ケースを中心に事例解説をしていくので抽象論で終わらせないし、基本を理解させてから発展的な内容に踏み込んでいくのでわかりやすい。ロースクールを目指す学部生や、民法に苦手意識があるロースクール生にもおすすめです。ほぼ条文の配列どおりなので勉強しやすいとも思います!(横書きですが、2色刷ではありません)

山本敬三 民法講義

民法講義1 総則 第2版

民法講義4-1 契約

著:山本敬三 版:有斐閣 1:2005.4 4-1:2005.11
要件事実論との融合基本書というより辞書最強、最厚

民法講義1 総則民法講義4-1 契約 大流行。民法理論を深化させ要件事実論を架橋する、法曹養成のためのテキスト。 非常に詳しいので、今ひとつ理解できないところも疑問が氷塊する。要件事実論を踏まえ、詳細に整理されている点でも新時代のテキストとして十分。
 全部で7巻まで出版されるそうですが、完成はいつになるでしょうか。楽しみですね。京大ローテキストから昇華した「民法総合事例演習」でも必読文献として挙げられています。通説・判例はもちろん押さえてあり、記述は詳細で幅広い。発展的な最新の議論も多く、要件論が非常に分析的です。

家族法(新法学ライブラリ) 第3版

家族法(新法学ライブラリ) 第3版

著:二宮周平 版:新世社 2009.10

 定評あり。法科大学院での使用も想定されているため学説についても幅広く言及。各章に学習のポイント、確認用の練習問題を設けて独習者の使用にも配慮。新司法試験の家族法はこの一冊で必要十分。

民法1・2・3 ダットサン 我妻栄

民法1 総則・物権 第3版

民法2 債権 第3版

民法3 親族総則 第2版

著:我妻榮・有泉亨・川井健 版:勁草書房 1:2008.3 2:2009.2 3:2005.10

ダットサン民法1ダットサン民法2ダットサン民法3 小型でパワフルなことから「ダットサン」の愛称で親しまれる名著。我妻栄先生は、民法の体系をまとめ上げた大家で、実務は未だに我妻説を軸にして動いているという。  出版元の一粒社が倒産し、一時絶版になり、ヤフオクで3倍以上の価格で取引されていたが、この度、読者の声により復刻・改訂がなされた。  ある程度勉強が進んだ人が思考の整理に使うのに最適です。調べるための本というより、通読して民法センスを磨くといった使い方を。一気に読めます。

担保物権法 第3版 山川一陽 弘文堂

担保物権法 第3版 

 

著:山川一陽 版:弘文堂 2011.1.30

 

title出版社による公式説明等

 

平成15年の民法・民執法改正後の議論・運用を反映した最新版。平成15年の民法・民執法改正後の新たな制度についての議論・運用を反映すると共に新判例も充実の改訂。

債権総論 著:中田裕康 岩波書店

債権総論

 

著:中田裕康 版:岩波書店 2008.2

 

債権総論出版社による公式説明等

判例・学説の現在の水準はもちろん、先端的に実務や国際的動向、現在進められている債権法改正の動きをも視野に入れ、変革期の債権法の姿を描き出す。抽象 的でむずかしいといわれる債権総論の理解を容易にするため、標準的な説明のほか、基礎的解説と進んだ問題の検討を区分して叙述。

 

注目。2008年既刊書。

担保物権法(民法体系) 石田穣 信山社

担保物権法 

 

著:石田穣 版:信山社 2010.10.30

 

title出版社による公式説明等

機能優先・法技術先行の担保法を総ざらう。
解釈論の出発点となる基本的問題について判例学説を中心に根本的分析・検討するという方針に貫かれた論文的体系書。まず、抵当権・譲渡担保権・所有権留保など担保物権法を巡る諸問題につき、今まで見過ごされてきた問題を指摘した。

 

その上で、比較法、民法制定過程の議論、条文や論理の整合性、結論の妥当性といった観点から解釈論を洗いなおす。物権法とのかかわりで担保物権法論の問題点とその方向を刮目する。

 

大著、840頁。民法体系というシリーズとしては2冊目。

担保物権法 第2版 (法学叢書) 高橋眞 成文堂

担保物権法 第2版 (法学叢書) 高橋眞 成文堂 

 

著:高橋眞 版:成文堂  2010.7

 

title出版社による公式説明等

判例や法律が大きく変容する現在、担保法に内在する論理を自らのものにしてこそ、新たな問題に立ち向かうことができる。本書は、担保物権法の諸制度の目的や諸概念の内容に立ち返り、「なぜそのように考えるべきか」を確かめながら丁寧に解説する。

民法総則 第8版(法律学講座双書) 著:四宮和夫 能見善久

民法総則 第8版 (法律学講座双書)  2010.4.28  

 

title  一般法人法の成立および民法典の法人関連規定の改正に完全対応。意思表示、時効等を中心に解説をより充実させた基本書の最新版。

 

 民法総則の最高水準「四宮総則」を、愛弟子の能美先生が手直しし続けられています。図解や初心者向けのかみ砕いた説明などは無縁です。

特別講義 債権総論

特別講義 債権総論

著:田山輝明 版:法学書院 2009.5

特別講義 債権総論 早稲田大学大学院法務研究科教授。はじめに債権法全体の基礎をかかげ、債権総論の重要テーマにつき詳細に解説した。

講義 物権・担保物権法 安永正昭

講義 物権・担保物権法

著:安永正昭 版:有斐閣 2009.4

講義 物権・担保物権法 安永正昭 新刊注目。法制審議会で最近の民事基本立法に関わってきた民法学界第一線の研究者が、難解といわれる物権法・担保物権法のスタンダードな解釈を、重要判例や取引事例 を紹介しながらわかりやすく解説。2色刷りで叙述にメリハリをつけ、初学者から法科大学院生まで効率よく段階的に学習できるように工夫。出版社コメントまま。

物権法 第4版 山野目章夫

物権法 第4版

著:山野目章夫 版:日本評論社 2009.3

物権法 山野目章夫 最新の重要判例、文献、さらには図表、索引なども充実。法学部生、法科大学院生、実務家にも最適の体系書。