Category: 憲法の論文対策

司法試験に実際に出題された過去問集、過去問分析解説書、合格者再現答案集等のほか、法学部・法科大学院の入試・期末試験対策の問題集を紹介しています。

新司法試験論文過去問解説と合格者の答案(公法系)

新司法試験論文過去問解説と合格者の答案(公法系)

著:中央大学真法会 版:法学書院 2009.6.22

新司法試験論文過去問解説と合格者の答案 平成18~20年(第1~3回)新司法試験の過去問集です。今までの資料をファイリングしている方はわざわざ買う必要はないと思います。過去問分析をこれから始める方にはまとまっていて便利ですね。合格者答案付きで1680円なので安い。

論文合格答案集スタンダード100憲法 2010年版

論文合格答案集スタンダード100憲法 2010年版

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2009.10

 

司法試験論文合格答案スタンダード100 合格者が制限時間内に書き上げた現実的な答案をたたき台にして、答案ファイル集にまとめたのがこのシリーズ。旧司法試験論文過去問の重要問題、新司法試験の過去問および今後出題の予想される論点を含む問題で構成される。問題数は130前後あり、版を重ねるごとに充実してきた。
 見開きで短期合格者による参考等案を掲載。合格レベルにある受験生が実際に1時間で書ける合格答案のレベルを肌で感じることができる。かつて一世を風靡した井藤公量弁護士提唱のP&C方式にも沿う内容。論文基本問題120選と比べると答案のデキがよいものが多い。答案作成上の注意点や書き方のコツにフォーカスしたコメントが特徴だが、論点、学説、判例についての解説は「無い」といってよいほど簡素。
 今回の改訂から第○版というのをやめて2010年版と称するようになった。毎年アップデートしていくということだろう。

論文基本問題憲法120選 第2版補訂版

論文基本問題憲法120選 第2版補訂版

著:Wセミナー・新保義隆 版:早稲田経営出版 2008.6

論文基本問題120選 一応の建前上、新保先生が全答案を手直ししているということになっているので、答案表現や学説もそこそこ統一されている。一部で判例通説を批判して有力説に立つなど、新司法試験としては実践的でない面がある。
 学部試験、ロースクール入試、司法試験、公務員試験など各種論文試験対策に有効。「1.目で見る論点」「2.論点の流れ」「3.答案作成上のアドバイス」で答案作成に必要な知識を整理。典型的な問題の典型的な答え方を、統一感のある解答例でマスターするための本。まず見開き2頁で問題とシンプルでビジュアルな解説。ページをめくって見開き2頁で参考答案という構成。とにかく問題数が多く、論点の網羅性とコストパフォーマンスに優れている。Wセミナーのスタンダード100と比べると論点解説が見やすく充実している。完全無欠の教材というものは存在しないので、余白への書込等で対応しよう。
 どんどん読み進められるので、類書の中では使いやすい本。第2版補訂版では、新判例や学説の動向に合わせて問題と答案の差し替えがなされた。

 

詳しく見る »

司法試験論文本試験過去問憲法―解説講義・実況中継

司法試験論文本試験過去問憲法―解説講義・実況中継

著:棟居快行 版:辰巳法律研究所 2001.1

 目から鱗と評判のシリーズ。この度、受験生、法科大学院生の熱い要望により、辰巳法律研究所からオンデマンド版で復刻しました。アマゾンマーケットプレイスの中古本かオンデマンド出版の安い方をゲットしよう。ライブ本シリーズ(棟居憲法、貞友民法、伊藤民法、石山会社法、田邊手形法、和田民訴、安冨刑訴)のがすべてスタンバイです(^^)/

司法試験機械的合格法 論文基礎力養成講座 憲法

司法試験機械的合格法>論文基礎力養成講座 憲法

著:柴田孝之 版:日本実業出版社 2005.5

 「論証における問題の所在がどこか、その論証をどう使うのかをまず理解し、続けて論証を実際に使う例題を出題して解説・解答例を掲載。特に重要な論点については上級問題を出題したり、発展事項の論証も紹介する。」 知ってるのに書けない、何となく書けるけど点数が伸びない、他の人と同じ事を書いているつもりが評価が低い、そんなあなたの処方箋。理系から法科大学院に転身された方や法律論文特有の書き方がさっぱりわからないという方も読んでみましょう。

新論文過去問(平成19年度版)

新論文過去問(平成19年度版)

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2007.11

司法試験 過去問 昭和38年度から平成19年度までの論文本試験に出題された問題、解説及び答案集です(旧司法試験過去問)。
 過去問は、司法試験において要求される事項の枠(範囲・程度)がどのようなものであるかを知る上で極めて適切な資料です。また、本試験の問題は、過去に出題された内容の繰り返しが多く、過去問を十分に分析しておけば、出題の形式や事例を変えて出題されたとしても、慌てることなく、必ず他より抜きん出た答案を書くことができます。
 年度別ではなく、体系別に編集してあるので。基本書と併行して過去問を検討しやすく、どのような事項が、どの程度、本試験で問われているか、また、どの分野が繰り返し出題されているかを認識することができる。
 オマケのように巻末についている論文試験論点表が、実は使える。この論点表を使えば、本試験で出題された論点の頻度を現実に認識することができるので、学習にメリハリをつけられる。闇雲にテキストを読み進めるより遙かに効率的。

新版 合格レベル答案再現集H1~15年度 憲法

新版 合格レベル答案再現集H1~15年度 憲法

著:佐藤剛志 版:辰巳法律研究所 2004.5

平成元~15年度のA答案を再現。合格者のレベルを知ることで到達するべきゴールが見える。しばらく絶版でしたが、こちらも辰巳法律研究所のオンデマンド出版で復刻しているようです。

事例研究 憲法

事例研究 憲法

著:木下智史 村田尚紀 渡辺康行 版:日本評論社 2008.6

事例研究憲法 (単行本) 新司法試験を極めて意識したつくりになっている。超長文事例問題、現代的な時事的憲法問題をあつかう。時事問題、社会問題などを憲法論としてテーマを学ぶには好適。同シリーズの行政法は答案表現についても言及されていてすごく良い本ですが、憲法ではそういう記載はありません。

 

行政法と比べると、正直イマイチ。