Category: 刑事訴訟法の基本書

定番基本書、おすすめ・人気の基本書が上から並んでいます。
赤丸急上昇の注目の基本書も積極的に紹介しています。

刑事訴訟法 第5版

刑事訴訟法 第5版

著:田口守一 版:弘文堂 2009.3

刑事訴訟法 田口守一 業界シェアNO.1。刑訴の基本書でもっとも広く読まれているのがこれだろう。第5版から横組みに一新された。
 コンパクトな記述も人気で、それでいてきちんと定義も書かれている。論点の量も深みも必要十分。極めて司法試験向きで、おそらく著者自身も司法試験受験生の多くが読んでいることを意識されているのだろう。受験予備校の概説書(予備校本)も、この本をベースにして作られているようだ。

刑事訴訟法講義 第3版

刑事訴訟法講義 第3版

著:前田雅英 池田修 版:東京大学出版会 2009.3

 実務色。学説と実務の乖離が激しいのが刑事訴訟法ですが、判例寄りの立場の人は、これで悩みが無くなるでしょう。長年の構想がついに実現し一冊にまとまったという。刑事裁判を担当してきた裁判官と、大学で刑事訴訟法の講義を担当してきた学者が協働。二人の間を原稿が何度も何度も往復し、ついに完成したといいます。
 判例・実務に即して書かれており、現場感覚に優れた基本書に仕上がっています。判例が何を重視して判断しているか、学説はあれこれいうけど結局実務はどのように運用されているのかが分かります。
 重要判例も数多く掲載。体裁も「2色刷 + 横書き」で非常に読みやすい。条文も枠で囲って丸々引用してあるので新司法試験の択一もバッチリ。さすがは基本書の予備校本化の流れをつくった前田教授である。

刑事訴訟法 第2版

刑事訴訟法 第2版

著:寺崎嘉博 版: 成文堂 2008.12

刑事訴訟法 寺崎嘉博 ビジュアル系。ビギナーから法科大学院、司法試験受験生までこれ一冊でOK!というコンセプト。学説を図示し、問題点をえぐり出す、完成度の高い基本書である。論点を図解するために、ある人気アニメキャラクターが登場するなど、面白い仕掛けもされている(下記画像参照のこと)。
 専門用語の定義を明確にするよう解説。索引に「刑訴法用語事典」の役割をもたせ、Elementaryマークで教科書全体をざっと見渡すことができるよう工夫。横書き+2色刷。

詳しく見る »

刑事訴訟法 第2版 上口裕

刑事訴訟法 第2版 

著:上口裕 版:成文堂 2011.1

 

刑事訴訟法 上口裕出版社による公式説明等

 

 新刊。現在南山大学ロー教授。Sシリーズ刑事訴訟法執筆で有名。「迷宮」となりやすい、訴因・公訴事実の同一性・伝聞・裁判の効力等では、基礎から詳述。確実に理解する方法を示す。

 

 上口先生は有斐閣Sシリーズも担当されています。オーソドックスな学説。受験生が読むことを想定して書かれており、頻出かつ理論的に重要なところ(伝聞証拠、訴因等)では原理原則から丁寧。

刑事訴訟法 第6版 著:白取祐司

刑事訴訟法 第6版 

 

著:白取祐二 版:日本評論社 2010.10.1

 

白取祐司 刑事訴訟法 白取ではない出版社による公式説明等

初学者から法学部生、法科大学院生、資格試験受験者、実務家まで圧倒的な支持を受ける基本書が裁判員裁判法や被害者参加法や最新学説、判例を加え、新版化。

 

リベラル。人権擁護の視点が強い。被疑者・被告人の人権擁護の立場から一貫した論述で明快。大論点で自説を貫くときも、反対説や判例を詳細に述べるのでバランスは崩れない。学説の議論状況はもちろん、ときには検察実務や警察実務にまで踏み込んで言及するので偏った本という評価にはならない。

 

判例・実務の立場(真実発見・犯罪捜査の必要性を重視)で勉強されている人にも得るものは大きいはず。反対説の存在意義や論拠がしっかりと示されているので、なるほどそうかとうなずく。

 

とりわけ捜査法分野では、要件論が詳細に説明されており、理論的でかつ現実的妥当性にも配慮されている。有名判例や下級審をも分析した考慮要素やあてはめのポイントにまで言及。時には学会の新しい研究成果もくわしい。

 

留意。「理念的にこのように解するべきだから、実務の取扱もこうしていくべきである」という内容はとても面白いし刺激的だ。ただ、人権擁護の視点が強く現れる箇所でもあり、法解釈を超えた立法論・政策論に近い。ほかには、人単位説VS事件単位説のような伝統的議論の経緯や議論の実益は興味深く読ませていただいた。513頁で重厚、分かり易い。

 

刑事訴訟法の分野で「しらとり」というと、「白鳥」警部事件が有名ですが、著者は「白取」先生で字が違います。

刑事訴訟法 第4版 有斐閣Sシリーズ

刑事訴訟法 第4版 有斐閣Sシリーズ

著:上口裕 後藤昭 安冨潔 渡辺修 版:有斐閣 2006.4

 学部上級教科書の定番。薄くてスッキリしているのに、基礎的事項で漏れがない。共著なので、学説がオーソドックスで通説的だし、客観的に記述されている。

刑事訴訟法講義 第2版

刑事訴訟法講義 第2版

著:安冨潔 版: 慶應義塾大学出版会 2009.11

刑事訴訟法講義 安冨潔 近年の刑事訴訟法改正 (即決裁判、被疑者段階の国選弁護等)にも対応。判例も網羅的。

刑事訴訟法 新版

刑事訴訟法 新版

著:田宮裕 版:有斐閣 1996.3

刑事訴訟法 田宮裕 田宮刑訴の集大成。刑訴法の第一人者として、学界をリードしてきた田宮先生の本で、かつての司法試験受験界でも人気がありました。しかし、先生がお亡くなりになられてから改訂されていません。最新判例や新しい論点については補充していく必要もあり、これから勉強する人が教科書として用いることはお勧めできません。図書館・ローライブラリーで参照しましょう。

刑事訴訟法講義 第4版

刑事訴訟法講義 第4版

著:福井厚 版:法律文化社 2009.5

刑事訴訟法講義 福井厚 刑事訴訟法の中級者を対象に、刑事訴訟法の学習上のポイントとなる捜査、公訴及び訴因制度、証拠法並びに裁判の効力の部分を中心に解説。学説はオーソドックスで、文体は非常に読みやすい。
 最新の第4版では、最新重要判例に対応したほか、裁判員制度・被害者参加等の法改正に対応して、実務の動向にも目配りをした。
 福井先生は、有斐閣から入門書的な基本書も書かれいます。薄いけど平易にかかれているので学部生の方jなどにオススメです。→有斐閣プリマ・刑事訴訟法第6版

刑事第一審公判手続の概要

刑事第一審公判手続の概要

著:司法研修所監修 版:大学図書 2006.3

 司法研修所系。第一審公判手続は手続の流れを押さえるのに良い。

 *この本は、一般書店・アマゾンでの取り扱いがありません。都市部の大型書店、7&Y(Yahoo!)BK1で取扱いがあります。

刑事訴訟法 新訂版

刑事訴訟法 新訂版

著:小林充 版:立花書房 2009.4

刑事訴訟法 小林充 新刊。元高裁長官、現在は北海学園のロースクールで教授をされているそうです。小林充先生の著。「刑事事実認定重要判決50」で有名ですね。

刑事訴訟法

刑事訴訟法

著:加藤康榮 版:法学書院 2009.4

加藤康榮 刑事訴訟法 新刊。元検察官による。実務家でなければ理解しにくい点を、分かりやすく解説。判例も多数かつ詳しく掲載。 現在は日大ロー教授をされているそうです。

全訂 刑事訴訟法 第2版

全訂 刑事訴訟法 第2版

著:渥美東洋 版:有斐閣 2009.4

渥美東洋 刑事訴訟法 アメリカ直輸入のような独自説が非常に多い。表現や言い回しも独特で、試験対策としてはおすすめではない。

条解 刑事訴訟法第4版

条解 刑事訴訟法第4版

著:松本時夫 版:弘文堂 2009.11

条解 刑事訴訟法 実務家用。何でも詳しく書いてあります。逐条解説コンメンタール。ローの演習で分からないことがあれば調べる本。有斐閣のケースブックの難問も調べることができますが、はたしてここまで必要なのかはわかりません。

 ここに書いてある細かい知識を丸暗記するのではなく、原理原則から考えるとどうなるかを考えることを基軸としつつ、実務の相場感を知ると良いでしょう。