Category: 刑法の入門書

当該分野の入門書を、法学部入学前段階から読めるものを中心に紹介しています。一般市民やビジネスマンにもお勧めです。書店へいくと“3時間で~”とか“3日で~”という本が目立ちますが、内容が薄すぎて使い物になりません。

伊藤真の刑法入門―講義再現版 第4版

伊藤真の刑法入門―講義再現版 第4版

著:伊藤真 版:日本評論社 2010.1

伊藤真の刑法入門 小説やドラマでなじみ深い刑法は、実際には理論的にきわめて難解な法律である。先入観をもたずに容易に学習していくための指針となる司法試験界カリスマ講師伊藤真の著。226頁

入門刑事法 第4版

入門刑事法 第4版

著:三井誠 曽根威彦 瀬川晃 版:有斐閣 2009.11

入門刑事法 裁判員時代に対応するべく大幅に改訂されたようです。道交法に関する厳罰化世論、裁判員制度等の身近な話題から刑法・刑事訴訟法・刑事学へとアプローチ。わが国の刑事法の全体像をわかりやすく紹介する。

基礎から学ぶ刑事法(有斐閣アルマ) 第4版

基礎から学ぶ刑事法(有斐閣アルマ) 第4版

著:井田良 版:有斐閣 2010.4

基礎から学ぶ刑事法 人気絶頂の前司法試験委員の書き下ろし入門書。刑法・刑事訴訟法・刑事政策ノ広く奥深い刑事法の世界を見渡す。丁寧な記述とキーワード・コラム等豊富なツールで学びやすさを徹底追求した刑事法ガイドマップ。第一歩を踏み出す人のために。第4版で裁判員裁判についても触れた。

刑法入門 第4版

刑法入門 第4版

著:大塚仁 版:有斐閣 2003.9

刑法入門 大塚仁 刑法総論・各論の全般にわたる入門書。今日の刑法学の通説的立場を基調として、具体的な解釈論を明示できるよう叙述した入門書。大塚先生の刑法概説は硬派な基本書ですが、こちらは入門書として非常にわかりやすく書かれています。法改正と最新判例をフォローした第4版です。

ブリッジブック刑法の考え方

ブリッジブック刑法の考え方

著:川崎友巳 中空壽雅 橋本正博 安田拓人 高橋則夫 版:信山社 2009.4

ブリッジブック刑法の考え方 高校教育と大学の学部教育をブリッジするというブリッジブックシリーズ。このシリーズは大学の教科書(基本書)などがあっさりスルーしてしまうような基本の記述や制度趣旨の記述が充実しており良書だと思います。
 広大な刑法の中からキー概念を厳選し、根拠に遡りその基本的な考え方を伝える。多彩な事例を駆使して「刑法の世界」を描き出す、初学者向けの導入教材。

刑事法入門 第6版補訂版

刑事法入門 第6版補訂版

著:大谷實 版:有斐閣 2010.4.9

刑事法入門 大谷實 大谷教授の入門書