Category: 行政法の入門書

当該分野の入門書を、法学部入学前段階から読めるものを中心に紹介しています。一般市民やビジネスマンにもお勧めです。書店へいくと“3時間で~”とか“3日で~”という本が目立ちますが、内容が薄すぎて使い物になりません。

行政法入門 第5版 著:藤田宙靖

行政法入門 第5版

著:藤田宙靖 版:有斐閣 2006.11

すばらしい法の勉強は入り口が重要最高裁判事行政書士試験の副教材にも

行政法入門 (単行本) 著者は現最高裁判事で、絶対のオススメである。基本書の言葉尻を書き換えただけの入門書が多い中、この本は初めから初学者を意識して書かれた本当の意味での入門書。抽象的でむずかしいと言われる行政法のあらましを、豊富な具体例を用いながら、やさしい語り口で講義する。最新の重要最高裁判例へのリファーも。
 “宙靖”は、“ときやす”と読むらしいです。でも、“ふじた・ちゅーせー”と言っても通じます。

判例行政法入門 第5版

判例行政法入門 第5版

著:芝池義一 版:有斐閣 2010.3

判例行政法入門 本書は、法学教室での連載を単行本にまとめたもの。重要判例ごとにコンパクトな解説が付されています。解説が判例→解説→判例→解説… という流れで、とっても読みやすいので初学者のイメージ作りによいでしょう。裁判例を手がかりに具体的なイメージをもって行政法が理解できます。

行政法のエッセンス 著:櫻井敬子

行政法のエッセンス

著:櫻井敬子 版:学陽書房 2007.10

行政法のエッセンス (単行本) 注目。初級者から上級者まで。行政法の基礎をたどりながら、行政法の真髄・行政法のおもしろさを伝える内容です。
 著者の櫻井先生は、東大卒、司法試験現役合格。おそらく塩野先生の弟子で、今は学習院の教授です。橋本先生との共著「行政法」や、絶版となった「条文から学ぶ行政救済法」も執筆されている。法学教室では「エンジョイ行政法」を連載中。この本は222ページ、一気に読もう。

小説で読む行政事件訴訟法~基本からわかる行政訴訟の手引 著:木山泰嗣

小説で読む行政事件訴訟法~基本からわかる行政訴訟の手引

著:木山泰嗣 版:法学書院 2010.3

小説で読む行政事件訴訟 面白い。内容は、法学書院の受験雑誌「受験新報」に連載されていたものです。法科大学院3年生の主人公が、研修先の法律事務所で、事件や裁判実務を体験していく。行政事件訴訟法・民事訴訟法・税務訴訟。

現代行政法入門 第2版

現代行政法入門 第2版 

著:曽和俊文・山田洋・亘理格 版:有斐閣 2011.3.18

現代行政法入門 横書き。行政法総論から行政救済法まで、行政法の全範囲を一冊でカバーする。行政法の基本と現代的課題について、わかりやすく書いてある。信頼おける執筆陣による入門書だ。発展学習につながるなかなか良い入門書である。
 公式のうたい文句には「ひととおり学んだ者の復習にも良い」とあるが、確かにざっくり読むには良さそうだが、試験直前を考えたら、そういうことは無い。

 

第2版では、全体的に記述を読みやすくし、最新判例等もフォローした。

画像は初版のもので、変更されている可能性があります。

ブリッジブック行政法

ブリッジブック行政法 

 

著編:宇賀克也 著:木村琢麿、桑原勇進、中原茂樹 横田光平 版:信山社 2007.8

 

ブリッジブック行政法出版社による公式説明等

人気のブリッジブックシリーズの「行政法」が遂に登場。行政法の広大な世界への入口を、戸惑い無く開いてもらうために最適の書。身近な例を多用し、抽象的 な概念を分かり易く解説。更なる学習のために、各章に[参考論文]を掲げ、また、本書最後の[小論文のすすめ]([基本問題]「発展問題」)で、自ら調 査、文章をまとめるといった能動的学習能力も養える、今後の行政法導入教育の方向性を示す一冊。

 

詳しく見る »

行政法講座 著:櫻井敬子

行政法講座 2010.7  

 

title内容紹介
<本書の内容>
国・自治体の行政が抱える様々な問題の解決手法を、身近な問題を具体例に挙げながら、大胆に提示した「行政法講座」。法的解決に向けた考え方や、また政策遂行のための具体的手法を満載した実務書!
<本書の特色>
●月刊誌「自治実務セミナー」に著者が連載した内容を加筆、修正し、単行本化!
●自治体の行政課題を分野別に取り上げ、それぞれが完結する内容構成。私達の生活を守るべき法律、私達の生活に関わる行政活動は、今どのような問題を抱え、どのような対策が必要なのかを考えさせられる「生きた行政法講座」。
●自治体の行政活動に大きな影響を及ぼす国の政策等に焦点を当て、国の果たすべき役割を解説。また、自治体が独力で政策を実施するための知恵も満載。
●自治体行政に携わる地方公務員の実務書として、またこれから行政法を学習したいという学生のテキストとして、生きた行政法が基礎から学べる一冊。
内容(「BOOK」データベースより)
行政法で世の中の仕組みを分析。生きた行政法を鮮やかに描く実践的法律論。

はじめての行政法 第2版 著:石川敏行 藤原静雄 大貫裕之 大久保規子 下井康史

はじめての行政法 第2版 2010.4.28 

「行政法の全体像を示した「見取り図」を片手に「わかりやすさにこだわった解説」を読み進めることができるので,あらゆる疑問が益々楽しく,より深く知りたくなります。第2版では最新の重要判例もきちんとおさえて,内容面は益々充実。基礎固めに最適の1冊。」