Category: 知的財産法の判例集・演習書

判例集、学者系演習書、法科大学院演習用教科書(ケースブック)を紹介しています。定番、おすすめ、人気の本が上から並んでいます。

著作権法・特許法 判例百選

著作権判例百選 第4版

特許判例百選 第3版

商標・意匠・不正競争判例百選

著作権:中山信弘 大渕哲也 小泉直樹 田村善之 2009.12
特許:中山信弘 相沢英孝 大淵哲也 2004.2
商標・意匠・不正競:大渕哲也 田村善之 中山信弘 茶園成樹 2007.11

 

 

著作権判例百選特許判例百選 特許判例百選主要科目で定番の別冊ジュリスト判例百選です。

ケースブック知的財産法

ケースブック知的財産法

著:小泉直樹 高林龍 井上由里子 佐藤恵太 駒田泰土 島並良 版:弘文堂 2008.4

弘文堂ケースブックシリーズ 知的財産法 弘文堂ケースブックシリーズ。特許法と著作権法の重要判例を厳選し、判例が定立した規範について、様々な角度から学ぶのに最適な判例教材。新判例も加え、事実関係に即した設問から応用力を養う設問まで、より使いやすくなった「必修」テキスト、新版。

新司法試験論文過去問解説と合格者の答案 知的財産法 平成18~21年度 編:中央大学真法会

新司法試験論文過去問解説と合格者の答案 知的財産法 平成18~21年度 2010.4 

大学教授による解説。合格者の再現答案14通に答案構成と時間・解答に至るまでの思考過程、出題趣旨との整合性も収録。答案作成にあたってのヒントが満載。

 

主要科目に続いて選択科目編が登場しました。安い!

ロースクール演習 知的財産法

ロースクール演習知的財産法

 

著:三山峻司 松村信夫 版:法学書院 2009.4

 

ロースクール演習知的財産法 新司法試験の傾向に即した長文事例問題(特許法15問、著作権法15問)、出題趣旨と出題論点、出題者による解答例、そして解説。問題出しっぱなしの、したいわば放置プレイ型が多い学者系の演習書であるが本書は違う。具体的な答案表現や構成まで学べる本。

論点解析 知的財産法

論点解析 知的財産法

著:田村善之 版:商事法務 2009.2

論点解析 知的財産法 一部で少数説に立つ解説があるものの、利用価値は高い。

 最新刊!特許法15問、著作権法13問。事例問題(新司の過去問含)・解説・模範答案等を収録。事例問題で問われる重要論点をふまえ、答案の作成のポイントを丁寧に解説。 学者先生がやりたがらない答案作成というゴール設定がされた試験対策本である。

 

詳しく見る »

知的財産法演習ノート

知的財産法演習ノート

著:鈴木將文 井関涼子 上野達弘 宮脇正晴 小泉直樹 駒田泰土 版:弘文堂 2009.3

知的財産法演習ノート 改訂第2版で、増問(15問→21問)。知的財産法の面白さが実感でき、応用力が養える演習書。読みながら思わず笑ってしまう楽しくて身近な「設問」からはじまる。長文の文中から解釈・適用に重要な要素を拾い上げる訓練=新司法試験対策にも最適。学んだことを適確に表現できているかがわかる「解答例」や進んだ学習のための「関連問題」も付いている。
 設問について解答を作成し、解答を読むと、基礎知識が着実に定着し、運用する力が自然に身につく。ロースクール生がいま一番欲しがっている、書ける力を養える上に、きわめて新司法試験を意識した仕上がりの演習書です。この本は解答例付きで、独習者OKです。

新司法試験論文 えんしゅう本 知的財産法

新司法試験論文 えんしゅう本 知的財産法

著:辰巳法律研究所 2010.2

えんしゅう本 知的財産法 主要科目での定番論文問題集の選択科目編。典型事例問題と新司法試験で実際に出題された問題。
 過去問も含め全問について段落をぶつ切りにした答案例が付されている。合格者によるアドバイスがあるのは受験指導校ならでは。
 基本知識の解説や論点解説は、判例年月日を掲載するなどして他の本に丸投げするだけ。しかし、具体的な答案表現のアドバイスがあるのがよい。この論点はまず原則論から書くとか、前提論点なので書きすぎずバランスに配慮せよとか、問題文からは明らかにならないので場合を分けるとか。基本問題と新司法試験過去問を合わせて、労働50問、倒産法43問、知的財産法41問。

特許・著作権判例インデックス

特許・著作権判例インデックス 

 

著:塩月秀平 版:商事法務 2010.12

 

特許 著作権判例 インデックス出版社による公式説明等

 

知財案件処理に精通した裁判官が特許・著作権の重要判例を選りすぐりコンパクトにわかりやすく解説。81件の知財判例を概観する待望の判例集。知財訴訟に興味を持つ学生、ロースクール生、弁護士、弁理士などの実務家のニーズにこたえる。

 

倒産法、労働法に続いてシリーズ3弾です。

テーマ別 重要特許判例解説 創英知的財産研究所

テーマ別 重要特許判例解説 

 

著:創英知的財産研究所 版:日本評論社 2010.12

 

title出版社による公式説明等

 

厳選された重要判例を、特許庁の審査基準をふまえて解説し、実務への影響と意義を考察する。実務家、弁理士試験受験生の必携書。 特許訴訟のいまがわかる。弁理士・弁護士・企業の知財担当者の実務に欠かせない指針となる裁判例を厳選。特許庁の審査基準をふまえて、その特徴点を明解に分析・解説した実践の書。知財実務をリードする必携の一冊。

知的財産法判例集 補訂版

知的財産法判例集 補訂版 

編:大渕哲也 平嶋竜太 横山久芳 茶園成樹 蘆立順美 版:有斐閣 2010.7

知的財産法判例集 近年の最新判例を追加して、要旨収録判例は約210件。関連判例にも多数言及。

 法科大学院、法学部での教材としての利用はもちろん、弁護士・弁理士等の法曹、企業・官庁等の知的財産関係者必携。おなじ有斐閣の判例百選事件番号にリンクしてあるので使いやすいです。

演習ノート知的財産法 第3版 編:盛岡一夫 土肥一史

演習ノート知的財産法 第3版 2010.5 

 

演習ノート 知的財産法 大学、大学院等における知的財産法の演習用教材として、また、新司法試験、弁理士試験等の合格を目指す受験生に役立つ問題を選んだ「演習ノート」。法改正への対応と事例問題をいくつか入れ替え、内容の充実を図った第2版。
 法学書院の演習ノートシリーズは、一行問題、事例問題とその解説という構成で、従来から学部期末試験対策の正当派演習書として売れ続けている。新司法試験との関係でも、選択科目にはまだまだ演習書が少ないので、役立つ場面もあるだろう。

知的財産法判例教室 第4版  監修:正林真之

知的財産法判例教室 2010.4

 

知的財産法判例教室 本来は弁理士試験受験用。最高裁判例を中心にした重要判例を厳選して収録。論文試験で論述が必要な記載のみをエッセンスとしてまとめてある。重要判例を追加して第4版となった。弁理士試験の択一知識も載っている。

知的財産関係訴訟 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ)

知的財産関係訴訟

特許訴訟の要件事実が詳しい

実務知的財産法講義 全訂増補版

実務知的財産法講義 全訂増補版

編:末吉亙 版:民事法研究会 2008.4

実務知的財産法講義 全訂増補版 (実務法律講義 13) 末吉亙 実務家が中心になって執筆。

重点演習知的財産法

重点演習知的財産法

著:大瀬戸豪志 岩坪哲 版:青林書院 2008.5

重点演習知的財産法新刊、マーク。

著作権法プラクティス-演習10講30問

著作権法プラクティス-演習10講30問

著:松田政行 版:勁草書房 2009.9

著作権法プラクティス 松田政行 錯綜した類似概念を横断的に整理し、詳細に解説した著作権事例問題集。問題分析力・問題解決能力の涵養し、企業法務における実務処理を、ロースクール院生等において司法試験合格レベルまでの実力を養成する。著作権法の総合的理解、知的財産法の法理、民法との関係、要件事実論まで理解できる。