労働法概説

労働法概説

著:土田道夫 版:弘文堂 2008.4

 労働法概説 (単行本) 人気。472頁。土田先生は、弘文堂ケースブックの編者、ウォッチング労働法の著者としてメジャーですね。基本書としては、これまで「労働法概説 I」として、労働法の中心部分である個別の雇用関係法を解説した基本書として人気でしたが、「概説 II」が出ておらず買いにくい状況でした。
 今回の改訂で、概説Ⅱにあたる集団労使関係の部分を合本してリニューアル。1冊で労働法全体を概説します。労働契約法等の最新の法改正にも対応。