要件事実の考え方と実務 第2版

要件事実の考え方と実務 第2版

著:加藤新太郎 細野敦 版:民事法研究会 2006.12

要件事実の考え方と実務 改訂、事件類型別の解説を大幅増補。要件事実の基本的考え方から、事件類型別の訴訟物、請求原因、抗弁・再抗弁、さらに記載例までを詳解!簡裁訴訟代理人となる司法書士はもちろん、司法修習生、法科大学院生の要件事実論修得のテキストとして。
 もともと読者として想定されているのは、司法研修所を経ていない現役司法書士で、司法書士が訴訟代理するするために勉強する本のようです。読者が独習できるようになっており、法科大学院生でも十分読みこなせる内容です。一番取り組みやすいともいわれています。