LIVE 新司法試験刑事事実認定特訓講座 続編も出ました!

LIVE 新司法試験刑事事実認定特訓講座 2008.10

LIVE 刑事事実認定特訓講座 続編 2010.2

著:菊地幸夫 版:辰巳法律研究所

菊地幸夫 LIVE 刑事事実認定 菊地先生は、元司法研修所の刑事弁護担当教官です。どちらかといえば、人気テレビ番組「行列のできる法律相談所」のパネリスト弁護士として有名。帯には、「行列しても読みたい!!「事実を摘示して論じなさい」がわらない人へ」と書いてあります(笑)
 内容は、辰巳法律研究所で実施された講義を収録した、実況中継スタイルの演習書です。口語体というより完全に話し言葉で書かれています。200頁強、横書き、演習5回、全問にお手本の答案が付いてます。タイトル横の本アイコンから「はしがき」が読めます。

 

LIVE新司法試験刑事事実認定特訓講座 まえがき

 殺意はあったのか、急迫性は認められるのか、共謀は存在したのか、反抗を抑圧したのか等々、法律書で理論は学んでいてもいざ設例で考えると事実の認定は難しい。それは理論だけではなく経験が加わらないと適切な判断が困難な面があるからです。
 「どうしたら事実認定がうまくできますか?」
 司法研修所で司法修習生から良く受けた質問です。しかし「経験」が必要なだけに、即効薬のような回答を与えることはできません。そ こで辰巳法律研究所で設例を使った事実の考察のトレーニングを行ったものを、今回まとまった形にすることとしました。設例は概ね実例をベースにそれに修正 を加えたものであり、いわゆる教室設例的なものよりも具体性を持たせてあります。元となったカリキュラムにおいては、受講していただいた方の積極的なご発 言を頂き、楽しい有益な時間を共有できました。設問の内容など修正すべき点は残されているとは思いますが、新司法試験にトライされる方々に何らかの事実の 考察のヒントになれば幸いです。

平成20年8月 菊地幸夫

新司法試験 [LIVE] 刑事事実認定特訓講座 アマゾン詳細へ