重要判例解説 最新版

重要判例解説平成21年度版

重要判例解説平成20年度版

重要判例解説平成19年度版

重要判例解説平成18年度版

重要判例解説平成17年度版

重要判例解説平成16年度版

重要判例解説平成15年度版

版:有斐閣 毎年4月上旬に刊行されます

重要判例解説 有斐閣ジュリスト臨時増刊号、年度毎の最新重要判例集です。最高裁判例だけではなく実務上・講学上重要な下級審判決の解説も含まれる。例年6月頃の刊行だったが、18年度版からは4月になった。「じゅうはん」と呼ばれる。「重判をつぶしておく」というのは、2~3年分の重判を一読しておくということ。
 同じ有斐閣の判例百選は改訂の間隔が長く(5年程度)、その間隔を補完する。司法試験の観点から見ると択一、論文を問わず、出題予想につながるので2~3年分遡ってつぶしておくというのが受験界セオリー。