独禁法基本法令 白石忠志

独禁法基本法令

著:白石忠志 版:商事法務 2007.10

独禁法基本法令  セット。独占禁止法を中心とする経済法の実務に不可欠な法令・ガイドラインを厳選したコンパクトな法令集。9月28日公表の「知的財産ガイドライン」も緊急収録されています。276ページ。 
 
 
 
公式内容説明
独禁法実務に役立つ関係法令、ガイドラインを厳選して収録。独占禁止法を中心とする経済法の実務に不可欠な法令・ガイドラインを厳選。コンパクトな法令集。知的財産ガイドラインも収録。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
 
白石 忠志
昭和40年神戸市に生まれる。昭和62年東京大学法学部卒業。平成3年東北大学助教授(法学部・大学院法学研究科)。平成9年東京大学助教授(法学部・大学院法学政治学研究科)。平成15年東京大学教授(法学部・大学院法学政治学研究科)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

はしがき

本書は、独禁法に関する基本的な法令・ガイドラインを収録したものである。刊行直前に公表された知的財産ガイドラインも巻末に掲げている。
これらはいずれもネット上で閲覧可能である。しかし、本という媒体はなお偉大であり、頻繁に参照する基本的なものはやはり手元に置きたい。すべての法分野を網羅する六法には、当然のことながら独禁法のガイドラインは全く載っていない。独禁法のプロ向けの分厚い法令集は、学生諸君におすすめするには高価すぎる。頻繁に改正があるのだから、高いが一生もの、というわけでもない。本書は、以上のような教室での脳みそをそのまま形にしてみたものである。分厚い法令集を愛用する私も、外出先には軽量の本書を持ち歩くかもしれない。
したがって、収録する法令・ガイドラインは厳選した。重要であっても参照頻度がさほどでないものはネットで、と割り切っている。
本書は、前作「経済法教材2005」を改訂するにあたり、これを発展解消して2冊に分けたうちの1冊である。主要なガイドラインの全文を本書「独禁法基本法令」に収録したため、同時刊行の「事例教材独禁法」を身軽にすることもできた。
本書を刊行するにあたって、株式会社商事法務の松澤三男社長および石川雅規さんのご高配をいただいた。厚く御礼申し上げる。