独占禁止法 第3版 著・編:金井貴嗣・川濵昇・泉水文雄 著:鈴木孝之・武田邦宣・田村次朗・土田和博・宮井雅明・山部俊文・和久井理子

独占禁止法 第3版 2010.6 

 

独占禁止法 2009年改正に対等した第3版。第2版補正版との比較で50頁増。

 

 泉水先生(神戸大)は新司法試験の試験委員です。ロースクールの講義・演習に対応すべく、全国12の主要なロースクールで経済法(または独占禁止法)の講義を行っている教授陣が執筆を担当しています。弘文堂ケースブックを解きつつ参照することがはじめから想定されている本で、事例を中心にして解説するので従来型テキストや一般的な概説書よりも理解しやすいでしょう。   

 

 公式内容説明 平成17年独占禁止法改正に対応。新司法試験・経済法の基本書。(1)課徴金制度の改正、(2)課徴金減免制度の導入、(3)犯則調査権限の導入、(4) 審判手続等の改正等、平成17年独占禁止法改正について詳細に解説。「標準化とパテントプールガイドライン」、「金融取引の規制緩和ガイドライン」等の新ガイドライン、最新の判決、審決等の内容も盛り込み大幅に改訂した。    内容(「MARC」データベースより) 経済法・独占禁止法の分野におけるロースクール向けテキスト。課徴金制度の改訂、課徴金減免制度の導入など、平成17年独占禁止法改正に対応し、標準化とパテントプールガイドライン等の新ガイドラインを盛り込み大幅に改訂。