基本判例に学ぶ刑法総論 著:山口厚

基本判例に学ぶ刑法総論 

 

著:山口厚 版:成文堂 2010.6

 

title

分析的でかなり良い。

 

 掲載判例は、重要判例ばかり。事案、判旨、規範、考慮要素、射程、章の最後にテーマ全体としての判例群をまとめる解説がある。山口説による解説というのはほとんど顔をださない客観的なスタンスである。「判例はこう言っている、判例は①②③に着目する、判例はこのような枠組みで判断している」という感じ。例えば、正当防衛のところでも「ひとまず判例の正当防衛の判断枠組みを理解して、それを使いこなすことが大切だ」という趣旨で書かれている。当初レビューでは、「山口先生による一貫した解説と理論的な整理」と記していたが、改めた。

 

 したがって、自分のとる立場が山口説でなくても全く問題ない。重要テーマ、基本的なテーマの学習をする人向け。最新判例や発展的内容の勉強は本書の守備範囲外。