憲法判例 第6版

憲法判例 第6版

著:戸松秀典(編)・指宿正典(編) 版:有斐閣 20010.3

 

 憲法判例 人気。国籍法違憲判決など近年の重要判決を収録。憲法判例について「事実の要約」と「判決の要旨」を収めるコンパクトな判例教材。判旨は百選よりも長め。最高裁の判決年月日だけではなく、前審の年月日と出典も載っているので、法科大学院での判例研究に便利。最高裁判所裁判官の個別意見も積極的に収録してあるのでいうことなし。
 最新の判例百選の事件番号とリンクさせ、初学者から上級者までの幅広いニーズに応える一冊に仕上がっている。とくに、新司法試験の択一式では、おびただしい数の判例問題が出題され、事案と判旨について詳しく掘り下げて問われる。特に、「1/2/2/1」というように、判例のすべての正誤につき正解を求める新しい出題形式では、旧司法試験経験者のアドバンテージが生きない領域とも言われ、本格的判例集で学んだ者にしか太刀打ちできない。そのような択一対策としては、判例百選と有機的に連携する本書か、辰巳の条文判例本は、いずれか一冊が必携だろう。
 ロースクール・憲法判例  本書の判旨は、内容の区切りごと(テーマ・論点ごと)にタイトルが付いており非常に読みやすくなっていて、小説のように読みがなすこともできるでしょう。下級審判例や反対意見・補足意見等が若干多いかなと感じる方がいるようですが、下級審からの流れが大事だから載っているのです。事件の流れを追うことで、争点の核心部分が見えてきます。