新論文過去問(平成19年度版)

新論文過去問(平成19年度版)

著:Wセミナー 版:早稲田経営出版 2007.11

司法試験 過去問 昭和38年度から平成19年度までの論文本試験に出題された問題、解説及び答案集です(旧司法試験過去問)。
 過去問は、司法試験において要求される事項の枠(範囲・程度)がどのようなものであるかを知る上で極めて適切な資料です。また、本試験の問題は、過去に出題された内容の繰り返しが多く、過去問を十分に分析しておけば、出題の形式や事例を変えて出題されたとしても、慌てることなく、必ず他より抜きん出た答案を書くことができます。
 年度別ではなく、体系別に編集してあるので。基本書と併行して過去問を検討しやすく、どのような事項が、どの程度、本試験で問われているか、また、どの分野が繰り返し出題されているかを認識することができる。
 オマケのように巻末についている論文試験論点表が、実は使える。この論点表を使えば、本試験で出題された論点の頻度を現実に認識することができるので、学習にメリハリをつけられる。闇雲にテキストを読み進めるより遙かに効率的。