ブリッジブック憲法

ブリッジブック憲法

著:安念潤司 石川健治 市川正人 井上典之 内野正幸 大石眞 大沢秀介 岡田信弘 笹田栄司 高見勝利 常本照樹 戸松秀典 長谷部恭男 棟居快行 横田耕一 渡辺康行  版:信山社 2003.3

ブリッジブック憲法 良書。高校教育から大学教育の架橋(ブリッジ)をはかるための好評入門シリーズ。「憲法とは何か」「人権とは何か」「国家とは何か」といった基本的な問題から始まり、憲法の学習において基礎的かつ大きな位置を占める「憲法の解釈とは何か」「憲法判例とは何か」を考えた上で主要な4つの憲法論争を例として、その背後にある理論のイメージを示す。
学問として憲法を学ぶ第一歩に。今から憲法を学ぼうという大学生、ロースクール未修者は、「憲法なら知っている」「憲法は簡単だ」と思っているだろう。しかし、それは全くの勘違いであると気づくのにそう時間は掛からないはずだ。学問としての憲法は、他の科目と毛色が異なり、抽象論で空を掴むようである。ずらっとご高名の先生方が並んでますが、専門課程での本格的学習を始める前に、一流の先生方から必須の知識を教えていただけるわけです。法学部に決まった人、これからロースクールに行かれる方、本格的に憲法の勉強を始めるすべての方におすすめです。