内田貴 民法1・2・3・4 全4巻

民法1 総則・物権総論 第4版

民法2 債権各論 第3版 

民法3 債権総論・担保物権 第3版

民法4 親族相続 補訂版

著:内田貴 版:東京大学出版会 1:2008.4 2:2011.2 3:2005.9 4:2004.3
結構改訂されてる民法2は注意民法が苦手な人は教育的配慮(体系の組み替えと判例への焦点重点的な理解にやっぱり定番最高!教科書らしくない良書

内田民法1内田民法2内田民法3内田民法4 スタンダード。旧司法試験論文問題で、内田民法の1項目の表題そのままが出題されたりしたので、それ以降一気に普及。いまや受験界の最大多数派。
 人気の秘密は、東大法学部のカリキュラムにあわせ、教育的な配慮からあえて民法のパンデクテン体系を崩したところにある。まさに、教えるため、学ぶための教科書であり従来の体系書や概説書とは一線を画する仕上がりである。最初のページから順に読み進めていくことが想定されており、つまみ食い的な参照ではその効用を得られない。読み手の学習効果を考えた事例を中心に基本から発展へという叙述スタイルは秀逸である。  受験界通説ではあるが、学会通説ではない独自説の記述も散見される。調べるための基本書ではなく、順に読み進めて力を養う基本書といえるだろう。  法人法制の改革をうけて、一巻が改訂されとなる。