川井健 民法概論1~5

民法概論1 民法総則 第3版

民法概論2 物権 第2版

民法概論3 債権総論 第2版補訂版

民法概論4 債権各論 補訂版 

民法概論5 親族相続

著:川井健 版:有斐閣 1:2008.3 2:2005.10 3:2009.4 4:2010.12 5:2007.4
オーソドックスな体系書民法基本書の最高峰大学者なのに難しくない民法の国定教科書芸実的シンプル

 故我妻先生の系譜を継ぐ最後の弟子たる川井先生が、伝統的通説の立場からまとめた体系書。教育的配慮から民法のパンデクテン体系をあえて崩した内田民法・大村基本民法とは異なる。むしろ、民法を一通り学んだ者とすれば、パンデクテンゆえに参照する文献としての検索性に優れているのだ。
 川井先生の民法概論は、実務を支配する我妻説由来の判例通説を、平易で簡潔な叙述スタイルによりまとめ上げたもの。文章が非常に上手でほんとうに読みやすいうえに、抽象論で終わらせずに具体例を豊富に取り上げてもいる。図解、チャート、2色刷等とは無縁であるものの、以上のようなことから修習生・実務家の間でも人気がある。晴れて修習生になると我妻民法講義を読めと言われるが、本書を買う人も多い。依頼者の前では、カラフルなシケタイを広げられません(^_^;)