基本講義 債権各論1・2

基本講義 債権各論1 契約法・事務管理・不当利得 第2版

基本講義 債権各論2 不法行為 第2版

 

著:潮見佳男 版:新世社 1:2009.12 2:2009.10
読みやすくかつ整理されている初学者から上級者まで使える学生向け教科書コンパクト&クリア要件事実不法行為の本です文句なしわかりやすい

基本講義 債権各論1 契約法・事務管理・不当利得基本講義 債権各論2 不法行為 StrongBuy!錯綜する判例理論・通説・最新の議論がすっきりコンパクトに整理されており、要件事実の整理も秀逸である。2冊とも旧司法試験経験者の痒いところに手が届く仕上がりになっていると言って良い。論点がなぜ論点として論じられるのかという議論の前提や歴史的背景にもふれるため脳にこびりつくようである。上のプラクティスのようにハイレベルではなく、「ですます調」で書かれており非情に親しみやすいのも特調。不当利得については、不当利得類型論で解説、不法行為は、従来型通説を基軸としつつも保護範囲説による説明が詳しい。従来の伝統的通説である不当利得衡平説や不法行為相当因果関係説もはや支持者を失い、裁判実務においても新説が浸透しつつある状況で、司法試験予備校だけがいつまで経っても旧説で教えている。旧来の立場では結論の妥当性が保たれない事案に遭遇した際に、緻密な分析が示せればライバルに差を付けることができるはずだ。
 

不法行為法Ⅰ 第2版(法律学の森シリーズ)(2009.9) 

不法行為法Ⅱ 第2版 (法律学の森シリーズ)(2011.2.25)
不法行為をより深く学ばれる方むけです。

第2版からⅠ・Ⅱ・Ⅲの3分冊になります。Ⅲ巻も続刊予定。