担保物権法 第3版

担保物権法 第3版

著:道垣内弘人 版:有斐閣 2008.1

担保物権法 第3版 丁寧な理論解説。担保物権法について、民法はもちろん民事執行法等も含めて体系的に解説してあります。担保物権分野の法解釈に執行実務が影響していることもわかります。抵当権の配当とか、譲渡担保等の法定外担保物権とかは、丸暗記ですませがち。様々な文献から、参照文献としてあげられることが最も多い信頼の置ける本で、調査官解説はもちろん各種判例解説による引用も最多でしょう。新司法試験に向けて本気で取り組むならこれできまり。京大の民法総合事例演習でも必読文献です。